今更ながらApple Watchについて

8月に入って猛烈な日差しが照りつける日々が続いています。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

私は仕事休みの週末は、最近何かと賑やかしい金沢の街をぶらり散歩するのが日課となっていますが、こうもお天道様のいじめがキツイと一歩を踏み出すのを躊躇します。しかし奴が私に注意してくるのです。


そうApple Watchです。


私は自他ともに認めるApple製品フリーク。新製品が出るとなると自分の台所事情と相談して、可能な限りのお布施をしてきました。Apple Watchも御多分に洩れずその対象となりました。予約開始時間から遅れること16分。製品が手元に届くまで随分日数がかかるとの情報がネットを駆け巡ります。私もおそらくその中のひとりになるだろうと思っていたのですが、幸い5月25日に手元に届くこととなりました。


それから約2ヶ月。片時も離すことなくこいつを腕に巻いて生活しています。

Apple Watchの是非みたいなことはここでは書きません。人それぞれ好みがあるでしょうし、求める機能も違うでしょう。iPhoneやiPadが市場に発表された時、私は「これはえらいことが起こった」「世の中がひっくりかえる」とホクホクしていました。しかしこのApple Watchにはそういうものはありません。あくまでもiPhoneという高機能情報端末の補完装置であり、ファッションアイテムと言った感じですか。

 

さてこのApple Watchが最近私に厳しいのです。

 

このアイテムにはアクティビティという機能があり、私の行動をつぶさに監視しているのです。ずっと座りっぱなしで立つことを怠っているのではないかとか、一定のカロリーを消費するためにちゃんと体を動かしているかとか、心拍数が上がるような運動をしているかと目を光らせているのです。


今日のように家の中でぐだぐだしていると「そろそろ立て」とか言ってくるのです。


写真を見てお分かりのように、Apple Watchには気温の情報が表示されるようになっています。Yahoo!の防災情報でも石川県は熱中症に気をつけろ。屋外での運動は原則禁止とか通知が来ているにもかかわらず、こいつは「体を動かせ」とか言ってくるのです。


勿論、屋内で体を動かせばいいのですが、正直もうちょっと気を利かせてもいいじゃないかと思う時がしばしば。


例えば、センサーと気象情報が連動して「今のあなたならこういった方法で〇〇カロリーを消費できます」とか、逆に暑い中外を歩いていると心拍の異常をとらえて「休憩しましょう」とか言ってくれるとちょっと嬉しいんですが。


いまのApple Watchは初代機であるため、まだまだなところがあります。


これからは「あれができない これができない」とこれから様々な機能が追加されてくのかもしれません。ですが、私はApple Watchの多機能化にはちょっと抵抗があります。


私の勝手な意見ですが、Apple製品はどこか人間に寄り添う感じがあるものが多いです。その多くが取説などを読まなくても直感的に操作できる。アクセシビリティにも当初から配慮があります。


これがAppleの「気が利く」ところです。


腕時計の形だからこそできる気の利かせ方。相も変わらず手厳しいApple Watchの運動指令を無視し続けて、これを今後のアップデートに期待してみようと思います。