12月21日 月曜日 18時23分 県警本部

ダウンロード
12月21日 月曜日 18時23分 県警本部
最終章 1
五の線 第七十五話.m4a.mp4
MP4動画/オーディオファイル 14.1 MB

勢い良く部屋の扉を開いた男が本部内を駆け抜けた。すれ違う者皆がこちらを見ている。一体何事かといった表情で見るものもあれば、律儀に敬礼をして道を譲る者もいる。彼はエレベーターの降りるボタンを忙しなく押してそれが来るのを待った。しかし5秒後には踵を返して階段へと足を進めていた。彼は階段を降りるというより落ちるように凄まじい勢いでそれを駆け降りた。そこに携帯電話の音がなった。彼はそのまま階段を降りながらそれに出た。

「おうトシさん。」

「お前どこや。」

「階段。」

「はぁ?お前ふざけんなや。」

「って言うかトシさんやべぇわ。」

「どいや。」

「村上や。」

「はぁ。」

階段を降り切ったところで片倉は携帯電話を耳にあてている古田と偶然出くわした。古田は手にしていたものを懐にしまった。

「とにかくやべぇ。トシさん。やべぇことになった。」

「何が?」

「これ見てくれ。」

片倉は一枚の写真を古田に手渡した。

「なんやこの車は。」

「村上の車や。」

「村上の?」

「ほうや。ほんで…。」

片倉は自分の携帯電話を操作して、その中にある一枚の写真を古田に見せた。

「あ。」

「一緒やろ。」

「ナンバーも同じやがいや。」

「ほんでこれや。」

そう言って片倉はもう一枚の写真を表示させた。

「誰やこれは?」

「アサフスから出てきたんや。トシさんこの女のこと知っとるか。」

「アサフスって、ワシら昼にもあそこに行っとったがいや。そん時にはこんな女おらんかったけどなぁ。」

「この女が誰かってのは気になるところやけど、それ以上にひっかかかることがあるんや。」

「何や。」

「村上の車がこの女を乗せて走り去って行った。」

「何?」

「それがな、どうももともと知っとる風じゃねぇげんて。」

「と言うと?」

「この女、アサフスを出てバス停でバスを待っとった。そこにこの車が横付けした。」

「知り合いねんろいや。」

「いや、それならいいんやけど、なんか女は意外そうなリアクションをしとってな、遠くから見とったから正確かどうかわからんけど、女が車に向かってえらい頭とか下げとったんや。他人行儀みたいにな。」

「ほう。」

「で、村上の方は車に乗るように誘っとるみたいやってんけど、女は何か拒んどるみたいやったんや。でもなんか強引に女を乗せて北へ走って行った。」

「まさか…拉致…。」

「気の揉みすぎならいいんやけど。」

「ほうか、ほんで車が気になってここに来て調べてみると、検問に引っかかった村上の車とおんなじ車やったってことやってんな。」

片倉は頷いた。

「なんか俺嫌な予感がすれんて。」

ここで古田の無線から音が聞こえた。

「岡田や。」

古田はそう言って片倉に無線を聞くようにサインを出した。

「どうした。」

「佐竹が動きました。今あいつをつけています。」

「わかった。ちなみに佐竹の様子に変わったところはねぇか。」

「なんかよく分かりませんが、ちょっと落ち着きがない感じです。」

「落ち着きがない?」

「ええ。」

「本多が自殺したからか?」

「わかりません。随分と乱暴な運転ですよ。」

「どこに向かっている。」

「わかりません。しかし金沢銀行本店方面じゃありません。北に向かって動き出しました。」

「北?」

「はい。」

ー村上も北に向かったとか言っとったな。

「…岡田。佐竹から目を離すな。何かあったらすぐに報告しろ。」

「了解。」

簡潔なやりとりをした古田は片倉を見た。

「おい。どう思う。」

「何かすげぇやべぇ感じがする。」

片倉と古田は腕を組んで沈黙した。

「そうや。ワシから佐竹に連絡してみる。」

古田はメモ帳を取り出して、それに目を落としながら携帯を操作しそれを耳に当てた。片倉はその様子を黙って見ている。間もなく古田が口を開いた。

「もしもし。佐竹さん?」

「ああ刑事さん。すいませんが今晩の事情聴取なんですが、明日にしてもらえませんか。」

「どうしました?何かありましたか。」

「…刑事さんもご存知でしょう。」

「いや、何のことでしょうか。」

「ウチの専務が自殺したんですよ。」

「ええっ。」

「知らないんですか?」

「ええ。」

「まぁそれで仕事がしっちゃかめっちゃかなんですよ。」

「それはお気の毒に…。」

「だからちょっといろいろと立てこんでいるんで、日を改めてもらえませんか。」

「うーん。今、佐竹さんはどちらにいらっしゃるんですか。」

「まだ外回り中です。」

「どちらの方に?」

「そんなことまで刑事さんに言わないといけないんですか。」

佐竹の声色に不信感がにじみ出ていた。

「教えて欲しいんですよ。どちらに行かれるんですか。」

「…内灘です。」

「本当に?」

「は?本当ですよ。なんで嘘なんかつかないといけないんですか。」

内灘町は石川県の中西部に位置する自治体である。内灘は南側に金沢市、西側には日本海。東側には津幡町と囲まれている。内灘のほとんどは砂丘であり、この砂丘地は戦後米軍に接収され砲弾試射場が建設された。しかし反基地運動の先駆けとなる内灘闘争が起こり、1957年に米軍は撤収した歴史を持つ。

「あぁすいません。そうですか内灘ですか。結構遠いですね。」

「まぁ。」

「内灘のどのあたりですか?」

「はぁ?」

「ほら内灘って言ってもね、いろいろあるでしょう。」

ー何で俺の行動にいちいちこんなに詮索を入れてくるんだよ。

しきりに佐竹は腕時計を見て時間を気にした。時刻は18時30分である。村上との電話が切れたのが18時頃だから、19時までに内灘大橋に到着しないといけない。佐竹が勤務する金沢駅付近から内灘町へは車で20分程度。しかし仕事終わりの帰宅ラッシュの時間が重なっているので佐竹にとって余裕のない移動スケジュールだ。

「どういった方と会うんですか?」

「はい?」

「いやちょっと気になっただけですよ。年末のこんな時間から銀行員さんが訪ねる先ってのはどんなお得意さんかなぁって。」

「すいません。それは個人情報の問題もあるのでお教えできません。」

「あぁすいません。そうですか。今日は相当遅くなりそうですか。」

「そうですね。全然見えません。」

「佐竹さん。こっちはいつでもいいんですよ。例え夜中になってもいつでも大丈夫です。」

「刑事さん。夜中は勘弁してくださいよ。あなたはそれでいいかもしれませんが、こっちは困るんです。それになんでそこまで急かすんですか。」

「今日の夜にしてくれとおっしゃったのはあなたですよ。」

「だから謝っているじゃないですか。」

古田は佐竹とのやりとりを経て、彼が何か焦っているように感じていた。日中の彼は熨子山連続殺人事件に対する漠然とした不安感を背負って、古田に少なからず救いを求めていた。しかし今ではその様相は一変し、言葉の端々に古田に対する煩わしさすら滲み出ている状態であった。古田は佐竹の焦りに何か引っかかった。

「そうですか。じゃあ明日にしますか。」

「ええ。明日またこちらから連絡します。ですから今日はすいませんけどキャンセルしてください。」

古田は佐竹の申し出を了解し電話を切った。

「佐竹は内灘に向かっている。」

「内灘?」

「村上はもりの里から北へ向かったんやったな。」

「ああ。」

「内灘も金沢から見て北方面や。」

「まさか…。佐竹と村上が接触するとか。」

「わからん。片倉、岡田に指示を出してくれ。」

「わかった。」

片倉は無線で岡田につないだ。

「こちら片倉。佐竹から目を離すな。あいつは内灘に向かっている。コースを外れたり何かがあればすぐに連絡しろ。」

「了解。このまま佐竹をつけます。」

「こちら十河。アサフスに動きあり。」

片倉と古田の無線に十河のしゃがれた声が入ってきた。

「なんだ。」

「赤松剛志が店から出てきました。喪服を着ています。」

「文子と綾は。」

「見えません。」

「十河。お前はそのままアサフスで待機。剛志は別の人間に警護してもらう。」

「了解。」

「あ、待て。十河。」

「なんでしょう。」

「お前、文子と接触してくれんか。」

「ええ。わかりました。で、どうすれば。」

「あの女のことを聞いてすぐに報告してくれ。」

「了解。」

「あ、あと村上との接点もだ。」

「村上…ですか。」

「詳しくはあとだ。頼む。」

「了解。」

無線を一旦終えた片倉はすぐさま携帯電話を手にした。

「お疲れ様です片倉です。」

「どうした。」

「応援をお願いします。」

「わかった。詳細は。」

「葬式に行く赤松剛志の警護を願います。十河はアサフスで待機しています。」

「了解。」

めまぐるしく指示を出す片倉を見て古田は笑みを浮かべた。

「なんや。」

「いや、やっぱりさすが県警本部捜査一課課長殿や。お見それ致しました。」

「何が。」

「手際いいな。」

「何言っとれんて。持ち上げてもなんも出んぞ。」

古田は片倉にハイハイと言った。

「片倉。どうする。」

「とにかく村上の動向が気になる。捜査本部はあいつの居場所を特定していない。しかし村上の車両ナンバーはわかったからNシステムを使って居場所を洗い出す。」

Nシステムとは日本の幹線道路に設置された自動車のナンバープレートを自動で読み取る装置のことである。

「その必要はない。」

古田と片倉の後方10メートルのところに立ち、こちらに向かって髪を掻き分ける松永の姿があった。彼はそのままこちらに向かってきた。


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    so (水曜日, 05 2月 2014 23:24)

    初めまして。
    いつも配信を楽しみにしております。
    物語も佳境に入り、楽しみな反面、その楽しみが減る寂しさも感じております。
    これからも楽しみにしておりますので、素敵な声で配信をお願いします。

  • #2

    管理者 (木曜日, 06 2月 2014 10:37)

    soさん

    コメントありがとうございます。
    物語は最終章に突入しました。
    ここまで作ることができたのも、soさんのような皆様の支えがあってのものです。
    今後とも最終回までのご視聴よろしくお願い致します。