12月21日 月曜日 17時10分 田上地区コンビニエンスストア

ダウンロード
12月21日 月曜日 17時10分 田上地区コンビニエンスストア
第七章 12
五の線 第七十三話.m4a.mp4
MP4動画/オーディオファイル 11.1 MB

 

この時期にもなると、17時を回った時間帯には日がとっぷりと暮れる。それに追い打ちをかけるように、北陸特有の低く垂れ込める雲たちが月明かりをみごとに遮り、辺りは人工的な灯りがないと闇であった。片倉は古田と別れた後、一路アサフスに向かい、店の前にあるコンビニエンスストアに陣取ってその様子を伺っていた。月曜のアサフスは休みだ。そのため店のシャッターは閉められている。来客らしい人の行き交いはなかった。

片倉は携帯電話を見た。古田からの連絡はまだ無かった。彼は目を瞑って事件の情報を整理することとした。

矢先、運転席側の窓をノックする音が聞こえた。

「あん?」

そこには十河の姿があった。片倉は外で身をすくめる彼を助手席に座らせた。

「組織犯罪対策課が何の用だ。」

「いやぁ本部長からの命令でしてね。」

「本部長?」

「ええ。片倉課長の代わりに赤松を見張れって言われまして。」

「は?」

「本日18時をもって捜査本部の指揮は朝倉本部長が取ることになったんですよ。ほんで、ちょっとフライングでここに派遣されました。」

「何?察庁は?」

「撤収ですわ。」

「松永が?」

「いえ、松永管理官は引き続き朝倉本部長の下で捜査します。他の連中は全員撤収です。」

「なんじゃそりゃ。」

「ワシもようわからんですわ。」

片倉は自分の頭を乱雑に掻き乱した。

「なんで松永は残るんや。」

「言うたでしょ。わかりません。」

「何で本部長は俺がここで赤松を見張っとるってわかったんや。」

「知らんですわ。課長から本部長に聞いてくださいよ。」

十河は片倉には古田と合流するようにと指示が出ていると言った。古田には岡田が交代要員として派遣されているようだ。片倉と古田の捜査は捜査本部の指揮権が朝倉に移ることで、察庁組に対して極秘扱いとした捜査としての位置づけは解除されることとなったようだ。しかしそのまま継続して二人で捜査するようにと朝倉から言われているらしい。応援が必要ならば直接朝倉本部長まで連絡せよとのことである。

「松永は一体何をしとるんや。指揮権が本部長に移ってしまったら、あいつには何もすることがないだろう。」

「さぁ…ワシには上の考えはさっぱりわかりません。あのお方はあのお方でやることがあるんでしょう。」

「あいつ…一体何ものなんだ…。」

片倉のこの言葉には十河は笑みを浮かべるだけだった。

「さぁ、課長。すぐに古田課長補佐と合流して下さい。ここはワシに任せてください。」

十河はこう言って車を降りた。そしてそのドアを閉めようとしたところでこう言った。

「あと少しですよ。」

「は?」

「今日一日が正念場です。課長。詰めをよろしくお願いします。」

「今日一日?」

「ええ。」

「なに?お前ひょっとして何か知っとるんか。」

十河はニヤリと笑った。そのとき車内の無線から松永の声が聞こえた。

「本部より各所。本日18時をもって熨子山連続殺人事件捜査本部長は朝倉警視長が担う。本件捜査員は今後朝倉本部長の指示に従うように。以上。」

「今後、捜査の指揮を執る朝倉だ。検問体制維持。本件捜査員は全員捜査本部に集結。19時より捜査本部で会議を行う。以上。」

「俺もか?」

無線を聞いた片倉は外にいる十河に自分の顔を指さして呟いた。左耳にはめたイヤホンから無線を聞いていた十河は片倉を見て首を振った。

「課長はそのまま続けて下さい。」

「なんで。」

「本部長からそう言われとります。あ…。」

車の傍らに立って通りをはさんで見えるアサフスの様子を時折見ながら、片倉と接していた十河は動きを止めた。片倉も彼の視線の先に目をやった。

「誰だ…。若いな…。」

アサフスの通用口からひとりの女性が出てくるのが見えた。片倉はすぐさま窓を開けて十河を手招きした。彼はそれに応じるように片倉が座る運転席側に身を寄せた。

「あれは誰ですか。」

「わからん。アサフスってのは赤松剛志とその妻赤松綾、そして剛志の母親の文子の三人構成や。今日の昼ぐらいにトシさんとあそこ行ってきたんやけど、あんな女おらんかったぞ。ひょっとしてあれが綾か…」

「課長。ちょっと若くないですかね。何かまだ学生みたいな雰囲気ですよ。」

「…確かに、そう言われてみればそうやな…。」

片倉は胸元からスマートフォンを取り出して、通りの向こう側を歩く女性の写真を撮影した。

「歩きか。」

「この近くにでも住んでるんですかね。」

片倉と十河は彼女の動きを観察した。彼女は携帯電話に目を落としながらそのまま大通りを歩いた。そしてしばらく歩いた先にあるバス停の前で立ち止まった。

「バスか。」

「アサフスは月曜定休。となると、あの女はアサフスに何かしら関係がある人物ですかね。」

「ああそうだろう。」

金沢という土地柄は車がないと生活に困る。何をするにしても車は必須の道具だ。金沢中心地、特に香林坊、武蔵が辻、金沢駅周辺ならば比較的公共交通機関の整備がされているのでバスを使って訪れるのは理解できるが、田上のように市街地から離れたところへバスを使ってわざわざ行くのは理解できない。普通の金沢市民ならば車を使って行くところだ。もちろんこの辺りには学生が多数いるので、それらの者はこのバスが大事な足になる。しかし彼女が訪れたのは定休日の花屋。ちょっと不自然だ。片倉はこの女性が気になった。

「十河。アサフスを頼む。俺はあの女をちょっとつけてみる。」

「お任せ下さい。」

片倉はそう言うと車に乗り込んだ。そしてエンジンをかけ、再び彼女が佇むバス停を見た。

「何だ?」

バス停の際にSUV型の車両が滑りこんできた。そしてその車が彼女の前に止まったため片倉は姿を見失った。

「くそっ。」

片倉はすぐさま車を出して彼女の姿が見えるであろう場所へ移動した。女は助手席に向かってなにやら顔を赤らめて話している様子だった。

「知り合いか?」

片倉はスマートフォンのカメラで今度はその車を撮影した。

彼女は何度か車に向かって手をふり、何かを拒んでいるようにも見えた。しかし間もなくその車は彼女を乗せてその場から走り去って行った。

「男か?」

片倉はアクセルを踏み込んで、その車を追跡しようとした。しかし間が悪いことにバス停にバスが二台連なるように侵入してきて、客を乗降させはじめた。そのため後続の車はそれらをよけるため進路変更をする。無理矢理に入り込もうとする車もあるので、片倉はSUV型の車を見失ってしまった。

「あの女。何者だ。」

何か引っかかる感覚に襲われた片倉であったが、そのまま彼は古田が待つ金沢銀行駅前支店

へと向かってアクセルを踏み込んだ。