12月21日 月曜日 11時53分 県警本部交通安全部資料室

ダウンロード
12月21日 月曜日 11時53分 県警本部交通安全部資料室
第六章 3
五の線 第五十六話.m4a.mp4
MP4動画/オーディオファイル 10.3 MB

「松永…。」

片倉の前方10m先にはコート姿の松永が立っていた。

「お前、そこで何をしている。」

そう言って松永はこちらに歩いてくる。

「おい、片倉。松永か。まつ…。」

電話の先で声を発する古田を遮るように、片倉はそれを切った。

「やれやれ。ちょっとは大人しくしていてくれればいいもんなんだが…。」

松永は伸びきった自分の髪の毛を掻きあげた。

「ちょろちょろちょろちょろネズミが動きまわって目障りなんだよ。何を調べていた。」

「別になんでもいいだろ。あんたこそなんでこんなところにいるんだよ。」

「何だその態度は。」

「こっちは今あんたとは何も関係がないんだ。指図は受けないぜ。」

片倉の態度に呆れた表情を示した松永だったが、昨日の狂人のように振る舞う素振りは見せなかった。松永は片倉が左手にスマートフォンを持っているのを見た。

「捜査資料の無断複製、外部持ち出しは懲戒もんだぞ。」

そう言って彼は片倉からそれを取り上げた。

「消せ。」

「…。」

「今すぐこの場で消せ。俺の目の前で確実に消せ!!」

「それはできん。」

「あのなぁ、この俺が最大の親切心で言ってやっているのにそれすらもお前は無視すんのか。」

そういうと松永はコートのポケットの中からホッチキスで止められ、強引に4つに折りたたまれた10枚ほどの用紙を取り出した。

「お前が欲しいのはこれだろ。」

松永が手にしている資料は、いま片倉が撮影した6年前の県道熨子山線交通事故に関する調査報告書そのもののコピーだった。

「なぜ…」

「質問は後だ。いますぐこの中のデータを消せ。」

松永は奪い取った携帯を片倉に返した。片倉は渋々該当するデータを松永の目の前で消した。

「それでいい。ったく、情報セキュリティのいろはもわからん奴が、その手のデバイスを何の警戒もなしに当たり前に使用するのは見てられん。何かの拍子で外部に漏れたらどうするんだよ。」

そういうと手にしていたコピー用紙を松永は片倉に差し出した。

「ほらよ。くれてやる。」

「なんだよ。どういう風の吹きまわしだよ。」

「ほら、さっさと受け取れ。」

片倉は今、自分の目の前に起こっている状況を掴みきれない表情で資料を受け取った。

「なんでお前がこの資料を漁ってるんだ。」

「…。」

「やれやれ。俺も随分な嫌われ役になったもんだな。まあそうなることが俺の今回の任務のひとつだから、今のところ自分に及第点をもらっても良いか。」

「どういうことだ。」

「知りたいか。知りたければ先にお前が今、ここにいる理由を説明してみろ。そうすれば教えてやってもいい。」

片倉は暫く考えた。松永の意図するところが全くわからない。その中で自分の手の内を明らかにすることは、相手に付け入る隙を晒す非常に危険な行為であるが、松永の真意を知りたくもある。

昨日自分を捜査から外した松永は傍若無人という形容がそのまま当てはまる人物だった。本部長からも松永の人となりを注意せよと聞いている。しかし今、自分の目の前にいる松永はその言動に気に食わない箇所があるにせよ、こちらにとって不利益をもたらす人物には思えなかった。抑えたデータを消去するよう要請はされたが、その代替として資料のコピーを提供してくれている。

「俺は俺なりに今回の事件を調べたいんだ。各方面から情報を収集している。この資料を抑えるのもその一環だ。」

「6年前の県道熨子山線の事故と今回の事件が一体何の関係があるって言うんだ。」

「話せば長くなる。」

「長くなるのがお前にとって不都合なのか。」

別に不都合ではない。ただ自分と古田が朝倉から極秘の命令を受けて捜査をしているため、それを知られたくないだけだ。

「今、電話をしていた相手は誰だ。」

「知らん。」

「知らないやつと捜査の話か。そんな訳ねぇだろ。」

「誰と話をしようがお前には関係はないだろ。お前の捜査手法に疑問を持つ人間なんてわんさといるからな。」

「古田登志夫。」

「は?」

「県警本部捜査2課課長補佐 古田登志夫だろ。」

唐突だった。片倉は話し相手を当てられた驚きと松永が古田の名前を知っていたことに二重の驚きだった。古田は熨子山連続殺人事件の捜査には招集されていない。なぜ松永は古田の情報を得ているのだろうか。

「どうしてトシさんの名前を知っている。」

「それも俺の仕事だよ。」

「仕事?」

「知りたいか。それなら6年前の事故と今回の事件の関係を言え。」

捜査の機密を保持したい気持ちは強いが、ことごとく意表をつく言葉を返す松永を前にして、彼の本心を知りたい衝動に駆られた。逡巡した挙句、片倉は松永に口外無用を条件に、つい先程古田から入手した県道熨子山線における事故の背景を語ることにした。

「なるほど。事故に見せかけたコロシか。いまお前の言った背景を考えるとそれほど飛躍した推理でもなさそうだ。」

「そうか。あんたもそう思うか。」

素直だ。自分を機械呼ばわりした昨日とは全く別人だ。片倉は松永の人格の変容に終始戸惑いながらも、彼が人の意見を聞く耳を持つ側面もあることに、何かしらの安堵感を抱いた。

「その文子という女性は健在なんだろう。そこからベアーズかマルホン建設かそれとも仁熊会の関係者を割り出せそうだな。」

目の付け所が自分と同じであることが、松永に対する片倉の警戒心を一気に解いた。

「そ、そうなんだ。ちょうどその話をしていたところなんだ。」

「スッポン捜査の古田。熱くて意外とクレバーな片倉。」

「意外とはなんだ。」

片倉はむっとした。

「まあいい、その線で攻めてくれ。」

「なんだって。」

「ああ、捜査本部に戻れとは言っていない。そのままこっそり古田と続けてくれ。」

「…いいのか。」

「但しもう少しわかりにくく動け。古田はどうか知らんがお前はダメだ。分り易すぎる。現に俺はお前の行動を補足していた。以後注意を怠らぬように。」

片倉は松永の指摘にぐうの音も出なかった。

「さて、こちらも口外無用だ。」

バイブレーションの音がなった。松永の携帯からのもののようだ。

「松永だ。ああ、正午の件だなちょっと遅れそうだ。どうした。…なに…。穴山と井上が…。そうか、わかったすぐにそっちに行く。ああちょっと待て。」

そう言うと松永は携帯のマイクの部分を手で覆って片倉の方を見た。

「ここから北署まで何分だ。」

「15分。」

「15分で戻る。それまで待機だ。」

電話を切ったのを確認して片倉は松永に声をかけた。

「穴山と井上がどうかしたか。」

「随分とややこしい話になってきた。俺は捜査本部に戻る。」

「おいちょっと待て。俺はお前の話を聞いてない。」

「すまんな。急用なんだ。機会があればまた今度。」

松永は肩を竦めてその場から早足で立ち去ろうとした。

「おい!! 話が違うじゃないか!! 」

「そのうち分かるさ。ああ、本部の情報は岡田にでも聞いてみてくれ。じゃあな。」

「岡田?」

松永が去った後の資料室に再び一人になった片倉は呆然としていた。結局こちらから一方的に情報を提供して、相手方の情報をひとつも聞き出せなかった。松永ははじめからこちらの情報を得ることだけを考えて、片倉と接していたのだろうか。いやそれならば熨子山の事故資料のデータ破棄と引き換えにコピーを渡すなんてことはしないだろう。そもそもなぜ松永は片倉が交通安全部の資料室にいることを知り、尚且つ彼が求める資料のコピーを持っていたのか。謎が多い。さらに松永は去り際に岡田の名前を出した。片倉は先ほど本多事務所で岡田とバッティングし、その事自体をなかったことにしようと本人と話し合った。それが既に松永に露見したというのか。岡田のことを疑いたくないがまさかこちらの動きが報告でもされているのか。

「訳が分からん。やっぱりあいつ変人や。」

そう呟いて片倉は後味悪く資料室を後にした。