12月21日 月曜日 9時30分 本多善幸事務所

ダウンロード
12月21日 月曜日 9時30分 本多善幸事務所
第五章 9
五の線 第五十話.m4a.mp4
MP4動画/オーディオファイル 16.1 MB

「少しだけお話をしたいんですよ。」

本多事務所の受付の女性に名刺を渡して、片倉はその中の様子を伺った。

名刺を受け取った女性はそれに目を落とした。そして怪訝な顔つきでその名刺と片倉の顔を何度か見合わせた。

「どうしました。」

「警察の方なら今村上が対応しています。」

「は?私じゃなくて?」

「ええ。」

ーしまった。捜査本部の捜査とかち合った。こうなったら一か八かだ。

「それは失礼。」

そう言うと片倉は女性の手にあった名刺を奪った。

「私はその人間の監督をする立場の者です。事務所の前で待ち合わせて一緒にお話を伺う予定だったんですが、彼は先に村上さんにお会いしてたんですね。大変ご迷惑をおかけいたしました。」

受付の女性は手のひらを返したように態度を変える片倉の対応に苦慮している様子だった。

「で、彼はどちらにいますかね。」

片倉は女性に付き添われて事務所二階の一室の前に案内された。女性がその部屋のドアをノックする。

「今来客中だから。」

憮然とした表情でドアを開けた男に片倉は一礼した。

「だれ。」

「申し訳ございません。私も同席する予定だったのですが遅れてしまいました。」

片倉は名刺を村上に渡した。

「捜査1課課長…。」

「村上隆二さんですね。」

「はい。」

「うちの若いのが先にお話を伺っていると思いますが、私も同席させていただいてよろしいでしょうか。」

村上は片倉の表情と名刺を見比べてどうぞと部屋へ招き入れた。

部屋の応接ソファに腰をかけていた捜査員と思われる男はギョッとした顔つきで片倉を見た。

「すまんすまん。遅れてしまって。」

不意を打つ人物の登場で彼の体は固まってしまっていた。

「岡田じゃねぇか。ちょっくら力貸してくれ。」

片倉は岡田の横に座って彼にしか聞こえないような小声で耳打ちした。

「で、どこまで話をお聞きしたんだ。」

「あの…。」

岡田が手にしている手帳の中身を覗くと、今まで何を聴きとったかの大体を把握できた。どうやら彼が事情聴取を開始してそんなに時間が経っていないようだ。

「続けて。」

ーなんで片倉課長がここで出てくるんだ。

岡田は金沢北署の捜査1課所属の警部補である。片倉とは以前別の署の捜査課で仕事をしていた。よって二人は顔見知りである。今回の事件ではこの岡田と熨子駐在所の鈴木が真っ先に現場に踏み込んだ。現場検証に立ち会った際には岡田が当時の状況の説明を片倉に行なっていた。

「岡田警部補。続けなさい。」

困惑した表情を表に出していた岡田は片倉の命令によって我に返った。

「事件当日の村上さんの行動履歴についてはわかりました。確かにあなたは熨子山を通って高岡方面へ向かっています。当時の資料をみると村上さんの名前が確認できます。」

片倉は岡田の言葉にいちいち相槌を打ちながら、村上の表情に変化がないかつぶさに観察する。

「検問から聞くところ、あなたは党の会合があるとかで高岡に向かったそうですね。」

「ええ。」

「おかしいですね。民政党高岡支部に聞きました。そんな会合は無いとのことでしたよ。」

「そうでしょうね。」

当時の村上の言動と実際が異なっている。この辺りから村上の不審点を炙り出そうとしていた岡田は、あっさりと言動と行動の不一致を認めた彼の言葉に方を空かされてしまった。

「だっていろいろと詮索されては時間も取られるし、面倒臭いでしょう。」

「時間が取られるのがあなたにとって煩わしかった訳ですか。」

「まぁそんなところですか。」

「ではあなたは富山方面になぜ向かったのですか。しかもわざわざ事件現場である熨子山を通ってです。」

「容疑者が高校時代の同級生である一色貴紀であったから。」

横から片倉が口を挟んだ。

この言葉を聞いた村上の表情は誰が見ても明らかなように変化を示した。

「そうですよね。村上さん。」

不意を打つ片倉の問いかけ、そして自分が知らなかったこの目の前に座っている男と容疑者との関係性が、事情を聴取されている村上以上に岡田の心の中を掻き乱した。

「まぁそうです。」

「続けて。」

片倉に促されて岡田は自分が聞きたかった事を聞くことにした。

「結論から申し上げます。あなたが再び富山方面から県境を跨いで、この石川県に入ったという証拠がないんです。」

「と言うと。」

「県警ではこの事件発生から県境全てに検問体制を整えています。ですから、あなたが富山、正確にいうと高岡ですが、我々の検問にかからずに再び金沢に入ってくることはできないのです。」

傍の片倉はなるほどと興味深そうに岡田の発言に何度か相槌を打った。

「どうやってあなたは金沢まで戻ってきたんですか。」

ーこいつは面倒臭いことになってきたな。

「はて、刑事さん。あなたは県境全てに検問体制を整えたとおっしゃいましたが、少なくとも私が金沢に戻るまでの道のりに、そのようなものは存在していませんでしたよ。」

岡田はそんなはずはないと一枚のA4コピー用紙を村上の前に差し出した。

「差し支えのない程度で結構です。村上さん。あなたが高岡から金沢に戻るまでの行動記録をここに書いてください。」

「まるで私が疑われているみたいですね。容疑者はまだ逃走中だってのに。」

村上の表情は憮然としたものだった。村上の感情は至極全うなものだ。今の状況下での警察の最優先事項は容疑者一色の確保。なのに自分がちょっと検問に引っかかっていたため詳しく話を聞きたいと言われ、好意で岡田との面会時間を設けたのに、挙げ句の果てには何かの疑いをかけられているように受け止められる。しかもだからどうだということではなく、とにかく当時の行動を詳らかにせよとだけ。一方の課長といわれる片倉という男も自分と一色は高校時代の同級生ですねと言ったきりだ。

「どの時点から書き出せばよいのですか。」

「できれば12月20日全て。」

「どうやって書けば良いのですか。」

「大体の時刻を書いて、その横にあなたが何をしていたのかって程度で結構です。」

「ふぅ…。」

村上はため息を付いて渋々自分の当時の行動履歴を目の前のコピー用紙に箇条書きに書きだした。

「20日は私は朝からここにいました。」

そういうと村上は8時~10時半頃という時刻を記入し、その横に本多事務所と書いた。

「その間、あなたは何をされていたのですか。」

「本多が国土建設大臣になったでしょう。そのため支持者のみなさんがお祝いを持ってきたり、挨拶をしにきたりと朝からてんやわんやだったんですよ。」

「なるほど。」

「支持者が朝から事務所に来てその対応が一段落した時です。今回の事件が起こったことを知ったのは。」

「何で知りましたか。」

「テレビです。朝のワイドショーみたいなのがあるでしょう。たまたまそれを見ていたらやっていました。」

「容疑者が一色だと知った時、あなたはどのように感じましたか。」

ここで片倉が岡田と村上のやり取りに割り込んできた。当時の感情を即座に思い出して言ってみろと言われても、即座に言えるほど鮮明な記憶は持ち合わせていない。村上は当時の自分のことを思い出すためにしばしの時間を要した。

「テレビに容疑者の顔が映し出されたぐらいでは、あの一色かどうかわかりませんでした。ですが名前が呼ばれた時に高校時代の同級生である一色貴紀だとわかりました。」

「どうして。」

「当時の面影が残っていたんです。あと特徴的なほくろもちゃんとありました。」

「あなたは一色が県警に勤務していたことは知っていましたか。」

「知りませんでした。ですからはじめのうちは本当に同一人物か確証を得ることができませんでした。」

片倉はここで疑問を感じた。議員の秘書たるもの、地元自治体の要職にある公務員の情報ぐらい得ていても良いだろう。村上が一色の存在を把握していなかったとは考えにくい。

「本多自身が警察との関わりを持たない主義ですので、我々スタッフの側も警察の情報は持ち合わせないからですよ。せいぜいで付き合いがあるのは本部長さんぐらいです。まぁ他の議員さんのことは承知はしていませんがね。」

片倉が持っていた疑念に気づいたのかは分からないが、村上は彼の疑問点に端的に答えた。そのため片倉は話を続ける。

「ではあなたが容疑者が高校時代の一色貴紀と同一人物であると確証を得たのは何がきっかけなんですか。」

ここで村上は黙り込んだ。

「どうしました。村上さん。」

ーここで佐竹とのやり取りを持ち出すとあいつに迷惑がかかってしまう。

「なんて言うんでしょうかね。閃きとでも言うんでしょうか。感覚的にあの一色だとわかったんですよ。」

片倉は納得するように頷いた。何事も言葉で説明できるほど人間は合理的な生き物ではない。行動のきっかけの大半が直感や感情といった非合理性なものに由来する場合が多い。そのためあらゆることを論理的に説明されるとかえって疑いを持ってしまう。村上の受け答えは片倉にとってごく自然に感じられた。

「一色とは高校卒業以来連絡も何もとっていません。やっぱり落ち着きませんでしたよ。ですから野次馬根性が鎌首をもたげたとでも言うのでしょうか、何故か事件現場の方に足が向いていました。」

「剣道部の部長でしたからね。他人ごととは思えんでしょう。」

「ええ。」

片倉の言葉に頷いて村上は筆を進めることにした。

「12時ぐらいでしたか。熨子山の検問に出くわしたのは。」

岡田はコピー用紙に目を落とす村上の表情の変化を見落とさないように黙って観察した。

「そこで氷見の方へ足を伸ばしました。時刻は正確には覚えていませんが確か14時ごろだったと思います。」

「氷見?。どうして。」

「何か海を見たくなったんですよ。ああ、具体的な場所も書かないといけませんかね。」

「できれば。」

「氷見漁港近くのコンビニです。あそこは眺めがいいんですよ。あそこの景色を見るとなんだか落ち着くんです。穏やかな内浦が心を和ませてくれるんです。30分ほど車を止めてただひたすらに海を眺めていました。その後は宝達山を超えて羽咋を経由して夕方の本多のパーティーに加わりました。」

「内浦の穏やかな海の様子を眺めて日常に戻る。村上さんはロマンチックな方なんですね。」

片倉の言葉に村上は苦笑いした。

「なるほど。それなら村上さんが再び検問に合うことなく石川県に入って、17時からの本多議員のパーティーに同席しているのが理解出来ますね。」

岡田は少し落胆した表情だった。

「岡田さんっておっしゃいましたっけ。」

「はい。」

「私は気にかかるんです。どうして私は検問に再び合わずに石川県に入って来られなかったんでしょうか。」

岡田は片倉の様子をうかがった。

「いいよ。話してあげなさい。別に捜査になんら影響もないだろう。」

片倉の承認を得て岡田は村上に事件発生当時から金沢から県外に出る県境主要道に検問の体制が敷かれており、17時には県境全ての道という道に検問体制が敷かれている旨を村上に説明した。

村上は高岡支部へ行くと熨子山の検問に言った。あくまでも仕事の一環。普通の人間ならばよっぽどの油を売らない限りは、疲労を貯めこまないためにもそのまま仕事を済ませて金沢へ戻る。一般的に熨子山を通って金沢から富山方面に向かった場合は、往路と同じ県道熨子山線を使用するか、それに次いで最短ルートである国道を利用して再び金沢へ戻る。場合によっては高速道路を利用するというのもあるだろう。これらの道には当時から検問がなされている。しかしそれらの検問報告には村上の名前はない。そのため村上が17時の本多善幸の会合にいたことが解せなかった。

「なるほど、そういうことだったんですね。」

「ですが、今のあなたの当時の行動を伺って理解出来ました。あなたが羽咋へ抜けたと思われる時間帯には宝達山の検問体制は整っていません。」

「ではこれでよろしいですか。」

「いいえ。まだです。」

片倉が言った。

「いままでの行動履歴はよくわかりました。ですがどうも腑に落ちない。」

「何が。」

「あなた、高校時代の同級生が今回の容疑者だって何らかの確信を得たんでしょう。そして言葉で説明はできないが感情が高ぶって熨子山まで足を運んだ。熨子山線でUターンをする訳にもいかずにそのまま富山方面に向かったが、気持ちの整理ができない。なので氷見漁港から富山湾を望んで気持ちの整理をつけた。しかしなぜそこから遠回りとなる羽咋を経由して金沢へ戻ったのですか。あなたは一応仕事中だ。夕方には大事な会合が控えている。」

「私だって日々の仕事の中で気分転換が必要なんです。ですから車を走らせて心のゆとりを取り戻したい時もありますよ。」

「今はどうですか。」

「はい?」

「今はある程度の心の整理ができていますか。」

「まぁ一日経ちましたからね。」

「あなたが一色貴紀と高校の同級であるということ、こちらにお勤めの方は御存知ですか。」

「いいえ。」

「ならばあなたの中だけで一色との関係性を処理しているんですね。」

「まぁそうです。」

「お辛いでしょう。」

「何ですか。何が言いたいんですか。」

「あくまでも私の個人的な経験則で話しますが、あなたのようにできた人間はそうもいないということです。」

ーなんだこいつ。

「溜め込んだ感情。それが正のものでも負のものでもすべて飲み込んで自分一人で消化できる人間はいません。必ずどこかでその感情は発露されねばならない。発露の仕方は人それぞれ。物にあたる人間もいるし、八つ当たりという形で表面に現れる人間もいる。しかし、大抵の人間は自分が抱いている感情を誰かと共有することで、そのストレスを解消する。」

片倉は村上の目を直視して言葉を続ける。

「本件の容疑者とあなたの共通項は高校時代の剣道部の同期である点です。村上さん。剣道部の誰かと事件後に連絡を取りませんでしたか。」

村上は黙ったままだ。

「氷見から羽咋。正直どうも取ってつけたような理由なんですよ。海を眺めて気持ちの整理をつけるなんてね。」