iPhone5のホコリのため初のアップルストアとジーニアスバー

アップルストア銀座
初のApple Storeは銀座だ

私がアップルユーザーになったのは2000年からです。近所の大手量販店で購入したことからアップルとの付き合いは始まりました。それ以降、マシントラブルなどは私の身近のアップル製品の生き字引的な存在に尋ねて何とか切り抜けてきました。でも自分で何ともならないトラブルというのがあるのです。

iPhone5にそのトラブルが発生しました。内容はカメラのレンズにホコリが入り込んでいるということ。

上部に黒い影がある
上部に黒い影がある

写真のように一部にホコリのような黒い影が入り込んでいるのです。iPhone5は私にとってほぼメインのコンデジカメラ。こいつがやられると痛手です。幸い動画の方はこの黒い影が写り込まないので、撮影は可能なのですが静止画撮影のほうがウェイトとして重いので、さっさと解決せねばなりません。

 

そこでネットで検索をしてみます。すると出てくる出てくる。どうやらiPhone5は構造上の問題なのか、カメラの内部にホコリが入り込みやすくなっているようです。カメラのレンズの交換はiPhone5ではできないので、本体ごと交換になるとのこと。このApple側の対応は購入から1年以内の場合に適用されるそうで、このあたりは注意が必要です。

 

皆さんのブログを拝見しているとアップルストアのジーニアスバーで対応してもらったということでした。

 

ここでひとつの問題が発生するのです。そうですここ石川県にはアップルストアがありません。もちろんジーニアスバーというものもありません。そこで先ずは修理ができそうな店を調べます。すると「GSS(株) 金沢サービスセンター」というお店がヒットしました。

 

先ずはこの店に持って行ってみようかと思いましたが、ひょんなことから日帰り東京出張という御縁に恵まれることとなりました。どうやら小一時間の空き時間を確保できそう。ということでなので折角だから本家に見てもらうことにしました。(後で分かったのですが、このGSSというところはiPhone4のガラスボディを割ってしまっても、即対応ができる正規サービス・プロバイダだそうです)

 

出張一週間前にアップルストアアプリでジーニアスバーの予約を初めてすることに。アプリ内で予約をするも、その予約受付が完了したかどうかわからない。だいたいこの手のサービスは受付完了後メールが送られてきたりするもんです。そうでなくてもアプリ内でも確実に受付がされている旨が確認できるもんです。しかし、アップルストアアプリではそれがこちら側で把握できない。予約が通っているかどうかなんかをわざわざ電話して聞くのもアホらしいので、通ったものとして当日アップルストアに乗り込みました。

 

この日の自由時間は限られていたのでまっさきに4Fへ。するとかなりの人がいらっしゃる。以外にもジーニアスバーである4Fにはone to oneの講習も行われており、いろいろな声が飛び交う空間に少々雑多な感じを受けました。

 

早速自分の予約が通っているのか確認するために、近くのスタッフに声をかける。すると彼はiPadを取り出して私の名前を探し出しました。「大丈夫ですよ、トラブル内容も把握しています。しばらくお待ちください。」にこやかに彼は対応してくれたわけですが、変な不安感を抱かさせないよう、アップルストアアプリには改善をお願いしたいもんです。私のように遠隔地からアップルストアに行くっていう人も結構いらっしゃるでしょうから。

 

さて私のiPhone5は本体交換ということで、ウェブで見たブログ記事と同じ対応をしてくれました。本体交換時には既存のiPhoneのデータはすべて消去されるので、iTunesで予めちゃんとバックアップをとっておきましょうね。

 

アップルストアのアプリには一抹の不安を感じましたが、リアル店舗での対応は概ね満足です。