やっとFinal Cut Pro Xを使い始めた

Final Cut Pro X

Final Cut Pro Xがリリースされて随分と時間が経過していますが、私の動画編集環境はずっとFinal Cut Pro Studioで止まっていました。なぜアップデートしなかったのか。大きな理由はただひとつ。あまりにも変わりすぎたユーザーインターフェイスです。

従来のものを使用したことがある方は、おそらく誰もが戸惑ったのではないでしょうか。取り敢えずMac App Storeで購入してMacに入れてウキウキでアプリケーションを立ち上げる。すると見慣れない画面が表れます。いままで何も考えずにスラスラと編集作業に取りかかれたのに、まずどこから手を付ければよいかわかりません。

 

従来のFinal Cut Proではプロジェクトの中にシーケンスを作って管理する手法が取られていました。しかしXではイベントという大きなくくりの中に各プロジェクトがあるという考え方です。ここで早速詰まってしまった私はこのアプリケーションにアレルギー反応を示してしまい、いままで一切触っていなかったのです。

 

世の中の映像関係の技術進展も目覚ましいもので、いまやiPhoneさえあればだれでも一端の映像クリエーターになれる時代。かく言う私も今は撮影はiPhoneだけでやっています。そこでです。このiPhoneのカメラ性能がバカにならないのです。1080pのフルハイビジョン画質。ここらあたりになると旧Final Cut Proではレンダリングとかの関係で、随分と不便さを感じ始めるのです。

 

そこで意を決してFinal Cut Pro Xを再び使用することになりました。人間必要に迫られると物事に取り組む姿勢が変わります。姿勢が変わると飲み込みも早い。ということで案外すんなりと現状は触っています。もちろん細則にわたって把握をしているわけではありませんが、これからFinal Cut Pro Xの魅力を引き出すためにいろいろといじってみようと思います。