· 

12月20日 日曜日 12時22分 熨子駐在所

ダウンロード
12月20日 日曜日 12時22分 熨子駐在所
第二章 7
五の線 第二十一話.m4a.mp4
MP4動画/オーディオファイル 12.4 MB

「よう。」

駐在所の奥にある畳が敷かれた休憩室で横になって、うとうととしていた鈴木は、不意を討つ来訪者に睡眠を妨害された。彼は目を擦りながらその身を起こし訪問者の方を向いた。

「なんや、トシじゃいや。」

「おう、お休み中すまんな。」

熨子駐在所を訪れたのは、捜査二課の古田だった。

彼は休憩室に上がり、その畳の上にあぐらをかいて座った。

「どうしたんや。こんなとこに来るなんて。」

「まぁ、お前に直接、いろいろ聞きたい事があってな。」

古田と鈴木は昔なじみの同期の間柄である。どちらも年齢は59才。来年には定年を迎える年だ。だが、彼らの警察における階級は異なっている。古田は県警本部勤務の警部であるのに対して、片や鈴木は駐在所勤務の巡査部長だ。

この同期の二人になぜこれだけの階級の開きがあるかと言えば、それはひと言で説明すると、その生き方に要因がある。

二人とも高校卒業後から警察官としての職務を担っている。古田は元々、公務員採用制度に疑問を持つ人間だった。受験できる採用試験は学歴によって区別され、スタートラインも違えば、その出世の終着地点も違う。学歴が全てのこのシステムになんとか風穴を開けたいとの気持ちが、彼を「スッポン」の異名を持たせる程にさせた。ノンキャリア組でもやればここまでできるという手本を示したいという目標があったため、昇進試験を積極的に受けて警部まで昇進した。

一方、鈴木の方は地域密着の交番勤務の仕事を続けたいために、管理の仕事が多くなる昇進を望まなかった。よって古田とは違い、昇進試験はほとんど受けていない。警察署の地域課で仕事をした事もあったが、上司に直談判して、最前線の交番勤務に配置転換してもらった。鈴木は筋金入りの現場好きの男である。交番がよく機能していれば、犯罪は未然に防ぐ事ができ、仮にそれが起こったとしても素早く対応ができて事件の早期解決ができるはずという哲学を鈴木は持っていたし、それを自らの行動で証明して行く仕事ぶりには定評があった。地域密着の頼れるお巡りさん。これが鈴木の目標だった。家族はこれに反して、少しでも生活が楽になるように鈴木の出世を望んだが、彼はその要望をことごとく退けて来た。

「なんやお前、熨子山連続殺人事件にかり出されとるんか。」

「いや、わしは違う。」

「ふうん。」

鈴木は立ち上がって、石油ストーブの上に置いてあった薬缶を手に取った。朝方から火にかけられ続いていた薬缶は、その木で作られた取っ手の部位でさえも持つのをためらう程の熱を帯びていた。彼は茶の用意をしようとそのまま台所の方へ移動した。

「ああ、気ぃ使わんでくれ。聞く事聞いたら退散するさかい。」

「なんや、俺が出す茶は飲めんって言うんか。」

奥の方で茶を入れていた鈴木が湯のみを持って元の場所に戻って来た。そしてそれを無造作に古田の前の畳の上に直に置いて勧めた。

「すまんな。」

そう言うと古田はそれに口を付けた。寒さがこたえる季節の熱い茶は、体を芯から暖めてくれる。古田は自然と息を吐いた。

「で、なんや。」

「あのな、お前、ここに配属されてどんだけになるん。」

「三年や。」

「熨子山周辺の事には相当詳しいんか。」

「まぁ、山菜採りとかもしとっから、大方の事は知っとる。」

「熨子山の展望台から麓の方に降りてくるためには、熨子山線以外にどんな道があるんや。」

「そらぁ、いっぱいあるわいや。ハイキングコースもあるし、農道もあるし、獣道もある。犯人が逃げようと思えば、何とでもなるわ。でも、この山の事をよく知っとる人間じゃないと、難しいやろな。」

「なんでや。」

「なんでって、古田ァ。お前、山をなめとるな。夜の山知らんがやろ。」

「知らんがやて。知らんから教えてくれ。」

「夜の山っちゅうのは、闇や。先ず灯りがない。辺り一面漆黒の闇なんや。先ずそれで方向感覚が無くなる。次いで足場の悪さや。山にはいろんな植物があるやろ。あれらが夜になると夜露を纏ってくる。ただでさえ視界が悪いがに、よろよろ歩いとって、それを踏んで転ぶ事もある。山やから坂道やろ。運が悪けりゃ骨折とか、下手したら崖から転落なんてこともある。今は冬や。ただでさえ寒い。こんな季節に山の中に置き去りにされたら、凍死っちゅうことも大げさじゃないんや。」

古田は鈴木から聞く、夜の山の怖さについて納得しながら相槌を打った。

「っちゅうことは、犯人は熨子山の事を熟知しとるってことやな。」

「ほうや。俺でも夜の熨子山は怖くて近寄れん。一色部長が熨子山のことをそんだけ知っとったってことは、俺としてはびっくりやけどな。」

古田はしばらく考えた。そして背広の内ポケットから手帳のようなものを取り出して眺めた。その1ページには一色の略歴がメモしてあった。古田はその略歴を指でなぞりながら、ぶつぶつと独り言を言い始めた。

「どうした。」

鈴木は古田に声をかけた。

「被疑者の出身は野々市や。熨子山とは地理的に隔たりがある。高校は金沢北高やし、唯一地理的に熨子山と接点が近いのはこの時期になるな。」

野々市は金沢の南部に隣接する石川郡に属する町であり、行政区域としては金沢とは別の地域である。金沢に勤務する者のベッドタウンとしての機能があり、金沢と比較して行政サービスの充実ぶりや税制面での有利さから、近年人口が増加している地域である。熨子山はこの野々市町とは離れた金沢市の北東部に位置する。直線距離にして約25キロ。車で移動するとしても1時間20分程はかかる距離だ。金沢北高はその名の通り金沢の北部に位置する高校で、この学校は熨子山の麓に位置する。

地理的状況から推察して、一色と熨子山の接点を見出そうとすれば、必然的に彼の高校時代が浮上してくる。

「熨子山と北高の接点って分かっか。」

鈴木は腕を組んで、やや左上の方を見ながら考えた。

「そう言えば、何の部活かは知らんけど、熨子山をランニングしとることがあるわ。そいつらが着とるジャージの背中に北高って刺繍してあったから、北高には間違いないやろ。」

古田は「そうか」と言って手帳に記してある、一色の略歴の中の金沢北高という文字に下線を引いた。

「ところでお前、これ、単独捜査やろ。」

「その通り。」

「じゃまねえがん。」

「何が。」

「本庁から来たっちゅう、警視正さん。えらい曲者らしいな。」

鈴木は茶をすすりながら古田の様子を伺った。

「まぁ、俺はあいつとは関係ねぇよ。勝手に引っ掻き回してくれや。」

古田は短く刈り込まれた自分の頭を掻いた。

「お前、二課やろ。この事件は一課の管轄やろいや。」

「…そうやけど、被疑者はうちの親分やぞ。一課も二課もあるかいや。」

「まぁそうや。」

古田は畳の上に置かれたアルバムのようなものに気がついた。

鈴木は古田の視線を追って、彼が何を見ているかすぐに察した。

「ああ、何かウチの娘が今度、男を連れてくるって言っとったから…。」

「おう、お前んとこの娘はいくつになったんや。」

「26や。」

「何の仕事しとるん。」

「銀行。相手も同じ会社の奴らしい。」

「おめでとうございます。」

古田は鈴木の方に向かって、わざと仰々しく戦国武将のように頭を下げた。

「やめてくれや。俺なんて、あいつに何一つ父親らしい事してやってないんや。今言った、年の事とかどんな仕事をしとるかなんて事も、つい最近カミさんに言われて知ったくらいや。」

鈴木はそう言って、少しもの寂しげな表情になった。古田は彼の表情の変化を見落とさなかった。

「でもな、そうやってちゃんと親父に報告にくるっちゅうことは、娘の中でお前はやっぱり父親やってことや。俺なんかそうなる前にカミさんに逃げられとるからな。」

古田は苦笑いをして、アルバムを手に取りそれに目を落とした。古田の言葉に今まで家庭を顧みず、自分の好き勝手に仕事をして来た自分に自責の念を抱いていた鈴木は、少し救われる気がした。

「なあ。」

「なんや。」

「今回の事件のガイシャの身元が分かっとる二人おるやろ。」

「おう。」

「どっちも同じ会社に勤めとったそうやな。」

アルバムを見ていた古田は顔を上げ鈴木の顔を見た。

「なんかなぁ、俺、他人事じゃねぇげんて。」

「そうやろうな。…自分の娘と同じような境遇や。」

「ぜってぇ、犯人を捕まえてくれ。トシ。おれもできる限りの事はする。」

古田はしばらく黙り、鈴木の目を見て言った。

「まかせろ。」