12月20日 日曜日 10時21分 フラワーショップ「アサフス」

ダウンロード
12月20日 日曜日 10時21分 フラワーショップアサフス
第一章 7
五の線 第十三話.m4a.mp4
MP4動画/オーディオファイル 7.6 MB

アサフスは金沢市田上の山側環状線沿いにある生花店である。田上は熨子山の麓にある国立大学を中心とした学生街で、近年開発が進んでいる地区である。赤松剛志はここに生まれ育った。今は二代目社長としてこの店の切り盛りしている。アサフスの創業者である剛志の父は、六年前突然の不慮の事故で他界。当時、京都の大手メーカーに勤務していた赤松はそれをきっかけに妻の綾と一緒にこちらに戻ってきた。当時は花屋の仕事について無知に等しかったのだが、最近は同業の連中に板についてきたとなんとか認められるようになってきた。

赤松は今日の晩に執り行われる葬儀用の花の手配に追われていた。花屋にとって葬儀会社や結婚式場は上得意先である。そのためミスは許されない。赤松は電話で得意先と何度も確認をし、飾り付けをした花に誤りが無いか入念にチェックしたりした。

継続的に大口の発注が出るこれらの会社を赤松は自分でコンスタントに開拓している。そのためアサフスはこの不況時においても仕事量は増えており、そんな中で赤松は忙殺されていた。

アサフスは今日が支払日である。銀行に行っていた妻の綾が足早に店に戻ってきた。傘をたたみダウンジャケットについた雨の雫を払ってブーツを脱いだ。

「ただいま。」

「お疲れさま。」

綾の顔も見ずに赤松は手書きで伝票を起票しながら答えた。

「今月の支払い済ませてきたわよ。」

「おう、ありがと。銀行は混んでた?」

先ほどから猛烈に伝票を書き腕がだるくなった赤松はペンを置いて体を伸ばし少し休むことにした。

鞄を金庫にしまった綾は水を入れたやかんを火にかけ、コーヒーを入れる準備を始めている。

「年末だもん、すごく混んでいたわよ。借り入れの窓口なんて列になっていたよ。」

気のせいか綾の言葉に元気が無いように感じられた。

「不況だからな。借り入れしないと年越せない会社がそれだけあるんだろう。」

「剛志、テレビ見た?」

綾は流しの方を向いたまま赤松に話しかける。

「うん?いや、見てないけど。」

「さっき銀行で順番待っている時に、ロビーにあるテレビで見たんだけど、熨子山で殺人事件があったらしいの。」

「えっ、本当かよ。」

「あのね…桐本さんのところの由香ちゃん知ってるよね。」

桐本家も赤松家と同様、田上の土着の家である。田上は、その住人のほとんどが元々は農業を生業とする普通の田舎町で、環状線が開通し、それに伴う区画整理がされたが、その地域の繋がりは依然として強固な地域でもある。赤松は同じ町内の桐本家の長女由香をアルバイトとして二年間雇ったことがあった。

「ああ、あの桐本さんのだろ。…ってまさか…。」

「殺されたって…。」

流し台の前に立っている綾の肩は震えていた。

「なんで…。」

綾は顔を覆って泣いていた。こんな時はすぐに彼女のそばに寄って、何も言うこと無く抱きしめてやれば良いのだが、それ以上にショックが大きくそこまで気が回らなかった。

赤松はとっさにテレビをつけた。メインキャスターと思われる男とパーソナリティの男が話をしている。

「えー竹中さん。大変深刻な事態になってきましたね。」

「はい。現在のところ現役の警察幹部が容疑者として手配されているそうですが、仮にこの男が犯人であると立証されると、治安を司る警察組織の信用失墜となるのはやむを得ませんね。それにしても信じられないというのが率直な感想です。」

―警察幹部?

「確かにこれは絶対にあってはならない事件ですね。とにかく容疑者の一刻も早い逮捕を望むところです。ではここで再度容疑者の情報をお伝えします。」

容疑者の顔写真がインサートされた。赤松はその写真を見て絶句した。

「え…。」

火にかけてあった薬缶から勢い良く蒸気が吹き出していたが、相変わらず綾は流し台の前に立って肩を震わせ泣いていた。赤松はテレビに目を向けながらその火を消し、綾のそばに立ち彼女の肩を引き寄せ、弱々しく言葉を発した。

「綾…。」

赤松の自分を呼びかける声に我を取り戻したか、彼女は涙を手で拭い彼の顔を見た。赤松の視線はテレビに向いたままだった。そして彼はその方に向けてくいっと顎を上げた。綾は促されてそちらの方に向いた。

「こいつ…知ってる…。」

「え…?」