3世代iPhoneを比較してみた

左からiPhone3G  4  5
左からiPhone3G 4 5

何を思ったか歴代iPhoneを並べて見比べてみたくなったので、今回この記事を書いています。

 

机の引き出しの奥にしまってあったiPhone3Gを随分と久しぶりに引っぱり出しました。いやはやRetinaDisplayとそうでないものの見え方がこんなに違うとは。

 

やはり3Gの液晶はもたぁっとした具合で、ドットの粗さも目立ちます。しかしこれはこれで何となく目に優しい感じがするのです。尿液晶といわれた5ですが、この下手くそな写真を見ての通り全体的に黄色く当たっています。一方4は青い。発色具合は5のほうが断然強くなっています。これは好みの世界ですね。

背面の変遷が歴史を物語る
背面の変遷が歴史を物語る

iPhoneはその背面がモデルチェンジの象徴だと思います。こうみてみると随分と変容してきたのですね。再び3Gを持ってみるとこのフィット感の良さは4にも5にもない素晴らしいものであると再認識できました。「収まりが良い」のです。

 

プラスチック→ガラス→アルミこの変遷は私のiPhoneの扱い方を変化させています。

 

その代表例はカバーの装着率。3Gの場合はフィルムを貼りこそすれ、カバーは一切使用しませんでした。4になるとガラスということもあり、落とすと割れて大変だということでしばらくbumperを装着たことがあります。(例の電波改善の対応もありました)

 

5になると4よりもさらに慎重に触れるようになっています。しかし今回はカバーを装着したくない。なぜなのか。おそらく美しいからでしょう。せっかくのアルミの風合いを台無しにしたくない。Appleは「これがiPhoneだ」と市場に投入してきました。それにカバーをすることはまるでシートカバーを付けたまま乗る車のようなもの。よって今回はカバー類を使用しないことにしました。

こうも厚さが変わってきたのか
こうも厚さが変わってきたのか
側面の表情と厚みの変化がよく分かる
側面の表情と厚みの変化がよく分かる
どの世代のものにも魅力がある
どの世代のものにも魅力がある

側面からiPhoneを眺めてみると、これまた特徴的な変容を観察することができます。

 

まずはその厚み。iPhone5に至る過程で随分と薄くなったもんです。フルモデルチェンジするたびに「おっ薄くなった」と感じましたが、三世代のうちにここまで進化したんですね。これは凄いことです。

 

質感も特徴でしょう。モデルチェンジのたびにその質感は向上しています。

 

毎度毎度、iPhoneのPVでBob Mansfieldが随分と苦心を重ねて製品化したとアピールしていますが頷けます。単にデザインを変更するだけではありません。設計から部品の選定から全てやり直しです。これを続けて2007年のiPhone初代発表から僅か5年でここまでの進化を成し遂げたと考えれば、Appleの開発担当者の恐ろしいまでの情熱を感じます。

 

このプロダクトを世に送り出すために妥協を許さない姿勢がAppleの魅力でもあります。