12月20日 日曜日 0時03分 県警察本部刑事部捜査二課

ダウンロード
12月20日 日曜日 0時03分 県警察本部刑事部捜査二課
序章3
五の線 第三話.m4a.mp4
MP4動画/オーディオファイル 8.7 MB

課長補佐の古田は捜査資料に目を通していた。短く刈り込んだ髪。顔に深く刻み込まれた皺。タバコのヤニで黄色くなった歯。ゴツゴツとした岩のような手。外見からはヤクザかといった荒削りの風貌の男だが、彼が属しているのは会社犯罪や贈収賄、詐欺といった知能犯を取り扱う捜査二課。その風貌から連想される部署とは真逆の非常に神経と頭を使う部署である。その道30年のベテラン刑事で、警察内では関わった事件は執念で必ず解決するところから「スッポン」の異名をとっていた。

仕事一筋でそれが趣味でもある古田にとって深夜まで捜査資料に目を通す事は全く苦にならない。彼はひとつひとつ丹念に捜査資料をじっくり分析していた。

ふと壁に掛かっている時計を見ると時刻は0時を回っていた。

「ちょっと休憩してくるわ。」

同じ部署の当直勤務である部下にそう言うと、古田は喫煙所に向かった。

―一課が騒がしい。

喫煙所へ向かう途中、いつもはこの時間には静かな捜査一課に捜査員が数名、慌ただしく入室して行く様子を横目で見て、彼は何かを感じた。

古田は深夜の喫煙所がお気に入りだった。窓の外から見える金沢の夜景と静寂。無糖の缶コーヒーと煙草のベストマッチが彼の脳に安らぎを与えてくれる。ひと時の休息が捜査への更なる闘志をみなぎらせてくれた。

煙草に火をつけ今までの捜査を自分なりに頭の中で整理しようとした時に、捜査一課課長の片倉がやって来た。

「おう、トシさん。」

片倉は自分より5歳年上の古田に挨拶をした。役職は古田より上であるが、片倉と古田は旧知の仲であるため、二人の間には堅苦しい上下関係は無いに等しい。

「どうした、何かあったんか。」

古田は意外そうな声で片倉に言った。

「ホトケさん二体発見。ということで今来たところ。」

「どこで。」

「熨子山。」

「心中か。」

「わからん。とにかくすぐ現場に捜査員を派遣しないと。今はその前に気合いを入れる一服。」

そう言うと片倉は胸から煙草を取り出し、火をつけた。

「また部長の鬼捜査が始まるぞ。」

苦笑いを浮かべて古田は缶コーヒーの蓋を開け、それに口をつけた。

「ああ、そうだな。」

片倉と刑事部長の一色は反りが合わなかった。一色は東京の国立大学を卒業し、国家公務員一種試験をパスし警察庁に入庁したいわゆる警察キャリア。ここ石川県警察本部には4年前に配属となった。当初は捜査二課課長であったが、昨年警視から警視正となり捜査一課、二課、組織犯罪対策課、鑑識課、科学捜査研究所を束ねる刑事部長となった。年齢は三十六歳であり、その昇進スピードはどちらかというと早い方である。しかし、彼の捜査手法には多くの問題点があり、その強引な手法に対しては警察内部でも批判があった。時として法律上問題であるおとり捜査も行った事がある。また、時折単身で現場を押さえるような行動があり、スタンドプレーが目立つ彼に対して現場捜査員からは陰で批判されていた。彼が特に問題視されていたのはその苛烈な取り調べである。捜査二課は知能犯との戦いである。知能犯というものはプライドが高い人間が多い。それらの者の人格を崩壊させる過程を楽しむかのように彼は取り調べに自ら臨み、参考人や被疑者の人格を執拗に言葉で攻撃した。彼の取り調べにかかった者たちは皆、落ちた。取り調べを終えたそれらの者たちの表情は抜け殻のようになり、精神障害に陥った者さえいた。このような一色の捜査手法を石川県警では「鬼捜査」と呼んだ。

ここまで強引な手法を用いる男が順当に出世できたのも、捜査二課の検挙率が彼の着任後、飛躍的にアップしたからである。石川県警においては一色を外す事によって得られる県警内の雰囲気の良さと警察の信用低下リスクの回避と、彼をこのまま活かすことによって得られる検挙実績の向上と県警内部における不協和音を天秤に計ってその後者を選択した。

そのため、「鬼捜査」は表立って公表される事は無かった。

とは言え、警察内部での不協和音は確実に広がっていた。一色は刑事部長に昇進してから「鬼捜査」を刑事部全体に適用した。捜査二課の連中はすでに彼のやり方に免疫を持っていたが、一課にはそれが無かった。

警察組織において上司の命令は絶対である。しかし、一色の捜査方法に承服しかねる片倉は時々彼に意見した。だが彼の意見は取り合ってくれる事は無かった。

一色が刑事部長になって三ヶ月後、片倉は古田に辞めたいと相談を持ちかけた。しかし慰留され、現在も一色の下で働いている。片倉は一色のやり方を認めた訳ではなかった。しかし彼が刑事部長になり一年経った現在において、捜査一課の殺人や強盗などの重大事件の検挙率は100%。それまでの実績は70%であり、その実績については認めざるを得ない状況だった。また、彼の捜査方法に対する市民からの苦情等も受け付けていない。不満が出ているのはもっぱら組織内部からのものだけだった。

「どうした片倉。さっきから携帯ばっかりいじって。」

古田は自分の腕時計に目をやった。時刻は午前零時十分。家族や友人に電話をかけるような時間でもない。喫煙所に入ってきてから、携帯ばかり気にしている片倉を不審に思った古田は彼に声をかけた。

「トシさん。マズいんや。」

「ん?」

「部長と連絡がとれんげん。」

「…え?」

「何回も携帯に電話しとるんやけど、電源が切られとる。」

「どういう事や。」

片倉は首を横に振った。

「お得意のスタンドプレーが始まったかもしれん。」

とにかく通報が入っているのだから、初動は迅速にせねばならない。片倉はそう言うと一課へ早足で向かって行った。