MacBook Pro13inch 2009midのHDD換装にトライ

私のMacBook Proは2009midのモデル。2.53GHz Core 2 Duo。メモリは4GB、HDDは250GBのもので今現在でも動画編集のサブマシンとして現役バリバリ。

 

しかし最近この愛機から妙な音が聞こえ始めていた。そうHDDのカコーンカコーンという音。以前Power Macを使用していた時、この症状が現れてまもなくHDDを逝かせてしまったことがあるので、嫌な予感。

 

すわ一大事。今回は同じ轍を踏まないようにさっさとHDDを交換せねば。

 

しかし、ラップトップPCの中を一度も開いたことがない自分にとって、この対応は非常に壁が高い。しかしもしものことがあると仕事にさえ支障をきたすことになる。ということでHDDの換装を決意した。

 

そこでGoogle先生に教えを乞うことに。いろいろなサイトやブログを巡回し、これなら自分でもやれそうだと当たりをつけたものは下記のサイト。

 

Project92.com

http://blog.project92.com/2009/11/macbook_pro_hdd_upgrade.html

INTERMEZZO

http://www.i-mezzo.net/log/2011/05/23002625.html

 

差し当たって工具や新品のHDDが必要だということで、これらはAmazonから購入。

そういえばヤマダ電機のポイントが貯まっていたから、こいつでHDDを買ってやろうと喜び勇んで行ったが、HDDが13,000円のものしか売っていなかったので、Amazonでチェック。すると日立製2.5型HDD 7200RPM 750GBが6,000円台で売っていた。これは良いということでポチろうとしたが、すぐ隣にはSeagateのSSDとHDDのハイブリットディスクが同じ750GBで9,000円台で置いてある。

 

(;^ν^)ぐぬぬ…

 

誘惑にかられながらも、自分の懐具合を今一度確認してなるべく出費は抑えようということでメイド・イン・ジャパンを選択した。

 

まずは何があっても良いようにTime Machineで現状をバックアップ。

続いて、先にリンクを貼ったサイトと睨めっこしながら、ひとつひとつの作業を丁寧に行なっていった。

なにぶん初めての作業。ガクガクブルブルの連続。静電気は大敵だということで、ひとつの工程が終わるたびに水道の蛇口に触れて放電。そのために台所を作業場所に選択した。

 

終わってみれば素人の私にも丁寧を心がければできるのがHDDの換装作業だった。

 

今までのHDDは5000PRMだったので容量のみならず性能もアップグレード。ついでにメモリも8GBにしたため気分的に今までよりもキビキビ動く感じがする。

 

今回Amazonに支払った金額は12,000円程度。満足の行く結果となった。

 

 

※まるでアフィリエイトブログみたいな記事になりましたが、本サイトはアフィリエイトとは一切関係はございませんw