オーディオドラマ「五の線3」

「五の線」の人間関係性が生み出た事件。

それは鍋島の死によって幕を閉じた。

間もなくして都心で不可解な事件が多発する。

物語は「五の線2」の物語から6年後の日本が舞台。

 

ある日、金沢犀川沿いで爆発事件が発生する。ホームレスが自爆テロを行ったようだとSNSを介して人々に伝わる。しかしそれはデマだった。

事件の数時間前に現場を通りかかったのは椎名賢明(しいな まさあき)。彼のパソコンの中には、そのときSNSで拡散された現場動画のデータが収められていた。

 

なぜ彼がそのようなデータを保持してるのか。

物語の進展によってそれは解明されることとなる。

 

本作はその椎名をはじめ、五の線2に登場した人物と新設された公安特課の人間模様、駆け引きを描いたオーディオドラマ「五の線2」の続編となります。

 

※この作品はフィクションで、実際の人物・団体・事件には一切関係ありません。

 

ここには最近の5回分のエピソードが紹介されています。

【続きを読む】のボタンを押すと、エピソードがアップされているシーサーブログに飛びますのでそちらからご視聴ください。

 

「五の線3」配信ブログ【http://gonosen3.seesaa.net

オーディオドラマ「五の線3」

第14話 (土, 20 4月 2019)
3-14.mp3都内某病院。病棟ナースセンターにひとりの男が姿を表した。手元の用紙に面会先と自分の名前を記入した彼は、近くの看護師にそれを渡した。ノック音部屋から何の音も聞こえない。彼はそっと扉を開いた。医療機器の音カーテンを開けるとベッドの上でパソコンの画面を覗く患者がそこにいた。「最上さん。」ちらりと訪問者の方をみた彼はそのまま画面を見る。「あぁ君か。」「どうですか。」「良くないね。」「そうですか…。」「非常に良くない。」「そんなに…ですか…。」「ああ。」「先生はなんと…..
>> 続きを読む

第13話 (Sat, 13 Apr 2019)
3-13.mp3「お疲れ様でーす。」昼、外から帰ってきた京子は担いでいたバッグパックを雑に床において、椅子に座った。パソコンのスリープモードを解除したときのことである。京子はちゃんフリ報道部の様子がいつもと違うことに気がついた。「あれ?」平日午前のフロア内にはキャップである三波ひとりを除いて誰もいなかった。「キャップ。」「うん?」「どうしたんですか。みんな出払っとるみたいですけど。」「あぁたまたまじゃないの?」彼女は社内行事や各社員のスケジュールを一元管理するツール「プロツェ..
>> 続きを読む

第12話 (Sat, 06 Apr 2019)
3-12.mp3充電ケーブルに繋がれた枕元のスマートフォンを軽くタッチすると時刻が表示された。午前5時である。椎名はそれを手にしてベッドから身を起こした。そのまま彼は部屋の電気をつけることなく、着替えを手にして風呂場に向かった。シャワーの音ー新幹線のあれが何者かによる何かの実験のようなものって線はだれだって思いつくし、実際それっぽいこと言ってる奴は既にいる…。だがどれもがざっくりとした観念的なもんだ。そんなものは別に問題じゃない。ーだがKの見立ては違う。ー今回撒き散らされたの..
>> 続きを読む

第11話 (Sat, 30 Mar 2019)
3-11-2.mp3自宅に帰って来た椎名は着替えてそのままベッドの上に寝転んだ。「なんか寒いな…。」ボソリと独り言をつぶやいて頭から羽毛布団をかぶった彼はその中で携スマートフォンを操作し始めた。SNSアプリを立ち上げ、チャットのような画面を表示させるとテキストを打ち始めた。「お世話になっております。第一回放送分のプレビュー版は今週末にはお見せできます。」間もなく京子からレスポンスがあった。「了解です。データはストレージサービスを利用するか何かで送ってもらえますか。」「いや、ち..
>> 続きを読む

第10話 (Sat, 23 Mar 2019)
3-10.mp3夜。自宅近郊某牛丼チェーン店の駐車場に車を停めると、椎名はいつものことのように財布と携帯だけを持って店に入った。入店前に食券を買い、扉を開くと威勢のいい声で「いらっしゃい」と来店を歓迎された。店内のカウンター席は客・空席・客・空席と規則正しく、間隔を開けて埋まっており、椎名はこの隙間のどこかに座ることを余儀なくされた。彼は入り口から一番奥の空席に座った。「いらっしゃいませ。冷たい水と熱いお茶どちらにしますか。」店員が椎名に声をかけた。「熱いお茶で。」そう言って..
>> 続きを読む