オーディオドラマ「五の線3」

「五の線」の人間関係性が生み出た事件。

それは鍋島の死によって幕を閉じた。

間もなくして都心で不可解な事件が多発する。

物語は「五の線2」の物語から6年後の日本が舞台。

 

ある日、金沢犀川沿いで爆発事件が発生する。ホームレスが自爆テロを行ったようだとSNSを介して人々に伝わる。しかしそれはデマだった。

事件の数時間前に現場を通りかかったのは椎名賢明(しいな まさあき)。彼のパソコンの中には、そのときSNSで拡散された現場動画のデータが収められていた。

 

なぜ彼がそのようなデータを保持してるのか。

物語の進展によってそれは解明されることとなる。

 

本作はその椎名をはじめ、五の線2に登場した人物と新設された公安特課の人間模様、駆け引きを描いたオーディオドラマ「五の線2」の続編となります。

 

※この作品はフィクションで、実際の人物・団体・事件には一切関係ありません。

 

ここには最近の5回分のエピソードが紹介されています。

【続きを読む】のボタンを押すと、エピソードがアップされているシーサーブログに飛びますのでそちらからご視聴ください。

 

「五の線3」配信ブログ【http://gonosen3.seesaa.net

オーディオドラマ「五の線3」

第71話 (土, 30 5月 2020)
3-71.mp3「普段はしょっちゅう鼻啜ってて、言葉に支えるようなところがある医者。でも別に吃音だとかじゃない。とにかく喋りがとろい。そしてどこかオドオドしてる。そんな医者が人が変わったように流暢に喋り、かつ乱暴な言動が目につく。」「はい。人格の豹変ぶりはまさにマンガとかに出てくる二重人格といった具合でした。」「それがこの世のものとは思えない情景だった…。」「はい。」「…木下さんはその二重人格の人って今までに見たことあるんですか?」「ありません。今回が初めてです。」相馬は自分..
>> 続きを読む

第70話 (Sat, 23 May 2020)
3-70.mp3東京六本木。夜のここを行き交う人々は多国籍であり、外国かと錯覚させる程である。この雑踏をひとりあるく白人男性がいた。「Вы все сделали?」 全部終わった?「Сога закончилась.」曽我の件は終わりました「Только сога?」曽我の件だけ?「Да.」「Что ты имеешь ввиду.」だけって…どういうことだ「У меня проблема.」問題が発生しました「Проблема?」問題?「Кажется, наше сущ..
>> 続きを読む

第69話 (Sat, 16 May 2020)
3-69.mp3天宮憲之の住まいの前には黄色の規制線が張り巡らされ、あたりは騒然としていた。鑑識と思われる警官がマンションの通路に這いつくばって、事件の手がかりを探しているかと思えば、無線でなにかのやりとりをしている私服警官もいる。同じマンションの住人たちが心配そうな顔でその様子を遠巻きに見つめていた。その住人の一団を割って男が現れた。彼は張り巡らされていてる規制線を潜り、その中に入ろうとした。「こら!何だ君は。」警官がとっさに彼を止めた。しかし彼は警官を振り払って先に進もう..
>> 続きを読む

第68話 (Sat, 09 May 2020)
3-68.mp3「ねぇ。本当に曽我のやつ、マンションの中に入ったの?」「入りましたよ。この目でちゃんと見ました。」「だったらヤバいかも。」「え?ヤバいって?」パンを食べていた神谷はそれをコーヒーで流し込んだ。「すいません。なんでヤバいんですか。」「だって電気つかないし。」「寝てるのかもしれませんよ。」「そうだと良いんだ。そうだと。」神谷は双眼鏡を覗き込んだ。街灯の明かりが曽我が住む部屋のベランダを辛うじて照らしている。部屋には明かりがついていない。「マンションの中に入るときの..
>> 続きを読む

第67話 (Sat, 02 May 2020)
3-67.mp3「え?ちょっと困ります。」男がこう言ったのを耳にした相馬は、声のするカウンター席の方を見たが、スーツを纏った男の後ろ姿が見えたただけだった。「どうしたんですか。」木下が相馬に声をかけた。彼女はすでに席に着いていた。「あ、いや…。何でもありません。」相馬は彼女と向かい合って席についた。すぐさまおしぼりと水が二人の間に出された。「この店は…。」「なんだか最近SNSで話題のお店で、一回行ってみたかったんです。」「あぁそうなんだ。木下さんも初めてなんですか。」「はい。..
>> 続きを読む