オーディオドラマ「五の線3」

「五の線」の人間関係性が生み出た事件。

それは鍋島の死によって幕を閉じた。

間もなくして都心で不可解な事件が多発する。

物語は「五の線2」の物語から6年後の日本が舞台。

 

ある日、金沢犀川沿いで爆発事件が発生する。ホームレスが自爆テロを行ったようだとSNSを介して人々に伝わる。しかしそれはデマだった。

事件の数時間前に現場を通りかかったのは椎名賢明(しいな まさあき)。彼のパソコンの中には、そのときSNSで拡散された現場動画のデータが収められていた。

 

なぜ彼がそのようなデータを保持してるのか。

物語の進展によってそれは解明されることとなる。

 

本作はその椎名をはじめ、五の線2に登場した人物と新設された公安特課の人間模様、駆け引きを描いたオーディオドラマ「五の線2」の続編となります。

 

※この作品はフィクションで、実際の人物・団体・事件には一切関係ありません。

 

ここには最近の5回分のエピソードが紹介されています。

【続きを読む】のボタンを押すと、エピソードがアップされているシーサーブログに飛びますのでそちらからご視聴ください。

 

「五の線3」配信ブログ【http://gonosen3.seesaa.net

オーディオドラマ「五の線3」

第35話 (土, 14 9月 2019)
3-35.mp3「ムツ番から指揮所。」「はい指揮所。」「取り押さえた男が妙なことを口走っています。」「指揮所からムツ番。妙なこととは具体的にどういうことか どうぞ。」「えーファッキンジャップをぶっ壊せ ぶっ潰せ ぶっ殺せと言っています。」  33「ふぅ…。」咥えていたタバコを備え付けの灰皿に押し付けて、その火を消した。「誰のものかわからないこちらを見つめる両目の映像。画面の天地にfuckin jap destroy jap。金沢の犀川河川敷のテロデマ騒ぎの映像の内容を思い起こ..
>> 続きを読む

第34話 (Sat, 07 Sep 2019)
3-34.mp3「どうしたんだよ。こんな遅くに。しかも週末だぜ。」カウンターの隣に男の気配を感じて安井はそれとなく話した。「こっちはこっちで大変さ。東倉病院のやつとか池袋のやつとか…。もうシッチャカメッチャカだわ。」「それ全部あなたが抱え込んでるんですか。」「下に振ってるけど、結局最後は俺の方で確認しないといけない。」「確認ね…。」「安井さんは本業の方頑張ってください。」「うん?」「忙しくなりますよ。」「え?なに?…もうすでに忙しいんだけど。」「金にならない忙しさ。」  15..
>> 続きを読む

お便り 2019/9/1 (Mon, 02 Sep 2019)
おたより3-2.mp3nana68さん/Podcast/YouTube/2桁数字/熨子山/
>> 続きを読む

第33話 (Sat, 31 Aug 2019)
3-33.mp3都内某所。ある喫茶店の中をハンティングスコープで覗き込む者がいた。「しっかしヤドルチェンコの奴、ひとりでこんな夜に誰に会うでもなく、携帯使って何やってるんでしょうかね。」「しかも喫茶店。わかんねぇわ。俺だったら家で引きこもってるか、せめて居酒屋だけどな。」「あ、動いた。…会計している。…ん?…あれ?何か渡した?」「なに?」「現金を払うときに店員になにか渡したように見えました。」「店員の動き追ってくれ。」「はい。」「指揮所からフタ番。」「こちらフタ番。」「対象が..
>> 続きを読む

第32話 (Sat, 24 Aug 2019)
3-32.mp3「え?記憶が戻ってきている?」「うん断片的に。」「どの程度戻ってるの。」「駅のコインロッカーとか、病院の売店とか、病室に届けたとかは思い出してる。」「核心部分は思い出せていないってわけだね。」「うん。」「ちょっと待って。すぐに戻る。」こう書いてクイーンと名乗る人物はチャットルームから退出した。「ふぅ。」ネットカフェの一室に空閑は居た。1畳程度のスペースに安物の机と椅子が置かれ、そこにハイスペックのパソコンが設置されている。調度品とパソコンのスペックのアンバラン..
>> 続きを読む