オーディオドラマ「五の線3」

「五の線」の人間関係性が生み出た事件。

それは鍋島の死によって幕を閉じた。

しかしそれから間もなくして都心で不可解な事件が多発する。

物語は「五の線2」の物語から6年後の日本が舞台となる。

 

ある日、金沢犀川沿いで爆発事件が発生する。ホームレスが自爆テロを行ったようだとSNSを介して人々に伝わる。しかしそれはデマだった。

事件の数時間前に現場を通りかかったのは椎名賢明(しいな まさあき)。彼のパソコンの中には、そのときSNSで拡散された現場動画のデータが収められていた。

 

なぜ彼がそのようなデータを保持してるのか。

物語の進展によってそれは解明されることとなる。

 

本作はその椎名をはじめ、五の線2に登場した人物と新設された公安特課の人間模様、駆け引きを描いたオーディオドラマ「五の線2」の続編となります。

 

※この作品はフィクションで、実際の人物・団体・事件には一切関係ありません。

 

ここには最近の5回分のエピソードが紹介されています。

【続きを読む】のボタンを押すと、エピソードがアップされているシーサーブログに飛びますのでそちらからご視聴ください。

「五の線3」配信ブログ【http://gonosen3.seesaa.net

 

 

オーディオドラマ「五の線3」

第6話 (土, 23 2月 2019)
3-6.mp3石川大学病院の会計待合にひとり佇む男がいる。彼は会計処理完了の表示をするモニターと並んで設置されたテレビの画面を見ていた。「人が乗っていた痕跡が確認されないことから、ハングル文字が書かれたこの船は朝鮮半島より何らかの形で流れ着いたものとして警察は捜査しています。」朝鮮籍の船が漂着した一昨日のニュースが端的に報じられ、次のニュースに移った。男は周囲を見回す。自分と同じ高齢の人間が多いこの空間で、ほとんどがスマートフォンに目を落としていた。人間は放っておいても賢くな..
>> 続きを読む

第5話 (Sat, 16 Feb 2019)
3-5.mp32015年8月。鍋島事件から1年後の都内某所。通報を受けて現場である路地裏に駆けつけた交番勤務の警官二人は、そこから天を仰ぎ見た。「おい…何だあれ…。」視線の先にあるマンション屋上から張り出した鉄骨の先。そこからロープのようなもので何かが吊るされている。「おい。あの吊られてるあれ…。」「はい…。」「あれって…あれだよな…。」「た、多分…。」こう答えた警官は思わずその場で嘔吐しだした。「何だよ…あんなの…見たことねぇぞ…。」「どうした。何が見える。」無線から所轄署..
>> 続きを読む

第4話 (Sat, 09 Feb 2019)
3-4.mp3「今日はこれまでです。皆さん気をつけて帰りましょう。それじゃあおつかれさまでした。」30名ほどいた教室内の塾生たちは一斉に片付け始めた。「先生。」白板を消していた空閑(くが)は後ろから声をかけられたため振り向いた。「おー千種(ちぐさ)くん。久しぶりですねぇ」「どうも。」振り向いた空閑はずり落ちた少し色の入ったメガネを指でクンッと押し上げた。「どうですか大学は。」「いや…やっとこついて行ってます…。」「あ…そうだ。」そう言うと空閑は帰路につこうとする生徒たちを呼び..
>> 続きを読む

第3話 (Sat, 02 Feb 2019)
3-3.mp3「今月も変わりなし…と。」手慣れた様子でキーボードをカタカタと操作した富樫はそのエンターキーを押下した。「ふぅー。」ブラウザを立ち上げた彼はニュースサイトを表示させた。トップを飾るのは国会議事堂前に集結した10万人規模のデモ行動を讃える記事だった。ツヴァイスタン絡みのあの事件から6年。事件後、下間芳夫の証言から仁川征爾の生存が明らかになった。彼の証言によるとツヴァイスタンに拉致されたのは仁川征爾だけではなかった。少なくとも300名ほどの日本人があの国に不法に拉致..
>> 続きを読む

第2話 (Sat, 26 Jan 2019)
3-2.mp3「消防によると昨日、金沢の犀川河川敷で起こったガス爆発は、使用されていたガス器具が何らかの不具合を起こしたために引き起こされた事故であるとのことです。警察は当時ガス器具を使用していた人物の回復を待って詳しい事情を聞くこととしています。」ベッドから身を起こしてテレビを付けると、昨日の犀川での爆発事件の様子が全国ニュースで報じられていた。「同時に警察は、自爆テロとしてSNSでデマが流布されたことに重大な関心を示し、当時の投稿動画などの分析を行っています。」テレビを背..
>> 続きを読む