オーディオドラマ「五の線3」

「五の線」の人間関係性が生み出た事件。

それは鍋島の死によって幕を閉じた。

間もなくして都心で不可解な事件が多発する。

物語は「五の線2」の物語から6年後の日本が舞台。

 

ある日、金沢犀川沿いで爆発事件が発生する。ホームレスが自爆テロを行ったようだとSNSを介して人々に伝わる。しかしそれはデマだった。

事件の数時間前に現場を通りかかったのは椎名賢明(しいな まさあき)。彼のパソコンの中には、そのときSNSで拡散された現場動画のデータが収められていた。

 

なぜ彼がそのようなデータを保持してるのか。

物語の進展によってそれは解明されることとなる。

 

本作はその椎名をはじめ、五の線2に登場した人物と新設された公安特課の人間模様、駆け引きを描いたオーディオドラマ「五の線2」の続編となります。

 

※この作品はフィクションで、実際の人物・団体・事件には一切関係ありません。

 

ここには最近の5回分のエピソードが紹介されています。

【続きを読む】のボタンを押すと、エピソードがアップされているシーサーブログに飛びますのでそちらからご視聴ください。

 

「五の線3」配信ブログ【http://gonosen3.seesaa.net

オーディオドラマ「五の線3」

第53話 (土, 18 1月 2020)
3-53.mp3昼食を終え、裏口から病院内に入ろうとしたとき、寝袋のようなものに包まれたものがストレッチャーに乗せられて運ばれている事に気がついた。ー検死…。「痛っ…。」結構な勢いで肩がぶつかったため、光定はよろけた。「あ!すいません。」彼は咄嗟によろめく光定の体を受け止めた。「おっとっと…すいません。ちょっと急いでて…。」「い…え…。」お互いが胸につけているネームプレートを見る。光定に体当たりをしてきたのは法医学の助教だった。「あ、光定先生ですか。」「あ…はい…。」彼は改め..
>> 続きを読む

第52話 後半 (Sat, 11 Jan 2020)
3-52-2.mp3おもわず空閑は車のブレーキを踏んでしまった。「ツヴァイスタンって…社長…。」「日本とは国交もない中央アジアの未開の国。ありえんだろ。」ミラー越しに自分を見つめている仁川に気がついた。後部座席から向けられる視線は圧倒的な殺気をまとっていた。空閑は思わず身震いした。「そのまま車を走らせるんだ。」明らかに仁川の声色が違う。空閑は言われた通りアクセルを踏んだ。「妙な動きをした瞬間、君の脳みそがフロントガラスに飛び散るからね。」撃鉄を引く音「つ…着きました…。」恐る..
>> 続きを読む

第52話 前半 (Sat, 11 Jan 2020)
3-52-1.mp38年前雨音車が走る「空閑くん。今週末のコミュの参加者は?」後部座席に座る男がハンドルを握る空閑に尋ねた。「10名程度と聞いています。」「村井が言ってたの?」「はい。」「そう…じゃあ7名だね。」「え?社長どういうことですか?」「彼はちょっと数字を盛る癖があるから。」「…確かに。」「まぁでも着実に定着してきてるからいいんだけど。」「はい。まだまだ小さな所帯ですが、定期的に開かれるコミュは安定的な参加者を確保しています。時間が経てばそのうち大きくなりますよ。」「..
>> 続きを読む

第51話 (Sat, 04 Jan 2020)
3-51.mp3「でも朝戸は僕の友人でもある。最後にもう一度だけクイーンとナイトではなく光定と朝戸で会わせてくれないか。」この文面を見て空閑は動きを止めた。「どうしたんだ。険しい顔してさ。」「あ…あぁ…。」「だれだよ。さっっきから。」「あ…いや、塾生の保護者。」「へぇ。お客さんのフォローってわけ?」「まぁそんなところ。」「どうなの?お前ンところの業界。」「ん〜…厳しい。競争がきつくってさ。」「あれか?値下げ競争的な。」「一時期はそうでもなかったけど、最近はその傾向が如実に出て..
>> 続きを読む

第50話 (Sat, 28 Dec 2019)
3-50.mp3時刻は14時。外来患者の診察をひと通り終えた彼は、自分の車の中で昼食をとっていた。パンを齧りながら彼は器用に携帯電話を操作する。「一時はどうなることかと思った。けど流石だなクイーン。君が処方してくれた強めの薬が効いたみたい。」「副作用は。」「それも心配ない。直接その目で見てもらった。金沢自分癒やしの旅って当初の目的は果たされつつあるよ。」「そう。よかった。」「今日はこれからナイトが言ってた自分のルーツを探る的な場所一緒に巡って宿へ届けることにするよ。」「宿はど..
>> 続きを読む