オーディオドラマ「五の線3」

「五の線」の人間関係性が生み出た事件。

それは鍋島の死によって幕を閉じた。

間もなくして都心で不可解な事件が多発する。

物語は「五の線2」の物語から6年後の日本が舞台。

 

ある日、金沢犀川沿いで爆発事件が発生する。ホームレスが自爆テロを行ったようだとSNSを介して人々に伝わる。しかしそれはデマだった。

事件の数時間前に現場を通りかかったのは椎名賢明(しいな まさあき)。彼のパソコンの中には、そのときSNSで拡散された現場動画のデータが収められていた。

 

なぜ彼がそのようなデータを保持してるのか。

物語の進展によってそれは解明されることとなる。

 

本作はその椎名をはじめ、五の線2に登場した人物と新設された公安特課の人間模様、駆け引きを描いたオーディオドラマ「五の線2」の続編となります。

 

※この作品はフィクションで、実際の人物・団体・事件には一切関係ありません。

 

ここには最近の5回分のエピソードが紹介されています。

【続きを読む】のボタンを押すと、エピソードがアップされているシーサーブログに飛びますのでそちらからご視聴ください。

 

「五の線3」配信ブログ【http://gonosen3.seesaa.net

オーディオドラマ「五の線3」

115 第103話 (土, 08 5月 2021)
3-103.mp3「どうしたんですかヤスさん。」「三波の居場所がわかったぞ黒田。」「え!?どこですか。」「家だよ。」「家?」「自宅で引きこもってる。」「は?」「なぁあいつの住所ってどこだよ。俺行くから。」突然の電話と三波の情報、黒田は状況を飲み込めないでいた。彼の前に座る加賀はそのまま続けろと合図をする。「住所って言われても俺もあいつの家なんて知りません。調べて俺が行きます。」「いや俺が行く。」「何言ってんですか三波は俺の部下です。俺が行きます。ヤスさんは会社に戻ってください..
>> 続きを読む

114 第102話 (Sat, 01 May 2021)
3-102.mp3「どうです。気分が悪いとかありませんか。」「まぁ…。」「頭痛はまだあると聞きましたが。」「はい。」「どんな感じの頭痛ですか?」「…突然、頭の奥深くからズキンと来る感じです。」「あぁ…。」ーなんだこのやり取り。無表情だけど普通じゃん。片倉さんから聞いているコミュ障って話と違うぞ。「詳しい検査をしないことには頭痛の原因はわかりません。明日、検査しましょうか。」「はぁ。」「いまは検査できる人間がいませんので、明日MRI撮りましょう。それまで三波さん。こちらでお休み..
>> 続きを読む

113 第101話 (Sat, 24 Apr 2021)
3-101.mp3目を開くと白い天井が見える。ここはどこだ。自分の家の部屋ではないことは明らかだ。彼はとっさに身を起こす。「痛っ…。」右側頭部にズキンとした痛みを覚え、彼はゆっくりと体を倒した。「すいません…。頭が割れそうなんで救急車、お願いできませんか…。」100「そっか…俺、救急車呼んだんだった…。病院か…ここ…。」目を瞑り眠りにつこうとした。「はっ!」飛び起きた彼はベッド右側にあるカーテンを開いた。眼下には山側環状線が見える。瞬間、三波の背筋が寒くなった。「とにかく、石..
>> 続きを読む

112.2 第100話【後編】 (Sat, 17 Apr 2021)
3-100.2.mp35年前「にわかには信じがたい話です。」「正常な感想だ。」「ですが他ならぬ陶課長のお話です。」「ということは?」「信じます。信じますが…なかなか受け入れられません。」「いいんだ。そう言ってくれるだけで十分だ。」「しかしどうしてそんな大事なことを自分に。」「俺は苦労人をリスペクトしている。」「…それは自分のことですか。」「そうだ。」都内駅構内の某コーヒーチェーン店。入れ代わり立ち代わり人が出入りする店の奥に向かい合って座る中年男性ふたり。彼らの存在を気に留め..
>> 続きを読む

112.1 第100話【前編】 (Sat, 17 Apr 2021)
3-100.1.mp3自宅に帰ってきた三波はベッドに倒れ込んだ。「痛ぇ…。頭痛ぇぞ…。なんだこれ。」「今日手に入れた情報はすべてデタラメだ。小早川は気が狂っていた。お前は疲れている。このままおとなしく家に帰るんだ。そこでじっとしていろ。」94「何しやがったあいつ…。さっきまではそこまでじゃなかったのに、ここに来て何だこの頭痛…。おとなしくしてろって、このまま寝てろってのかよ。」身を起こそうとすると自身の後頭部に鈍い痛みが走る。「あ、痛っ!」彼は突っ伏した。「やべ…これあれかな..
>> 続きを読む