オーディオドラマ「五の線3」

「五の線」の人間関係性が生み出た事件。

それは鍋島の死によって幕を閉じた。

間もなくして都心で不可解な事件が多発する。

物語は「五の線2」の物語から6年後の日本が舞台。

 

ある日、金沢犀川沿いで爆発事件が発生する。ホームレスが自爆テロを行ったようだとSNSを介して人々に伝わる。しかしそれはデマだった。

事件の数時間前に現場を通りかかったのは椎名賢明(しいな まさあき)。彼のパソコンの中には、そのときSNSで拡散された現場動画のデータが収められていた。

 

なぜ彼がそのようなデータを保持してるのか。

物語の進展によってそれは解明されることとなる。

 

本作はその椎名をはじめ、五の線2に登場した人物と新設された公安特課の人間模様、駆け引きを描いたオーディオドラマ「五の線2」の続編となります。

 

※この作品はフィクションで、実際の人物・団体・事件には一切関係ありません。

 

ここには最近の5回分のエピソードが紹介されています。

【続きを読む】のボタンを押すと、エピソードがアップされているシーサーブログに飛びますのでそちらからご視聴ください。

 

「五の線3」配信ブログ【http://gonosen3.seesaa.net

オーディオドラマ「五の線3」

108 第96話 (土, 13 2月 2021)
3-96.mp3スリッパを引きずるような音が聞こえたため、楠冨はそちらの方を見た。力なくスツールに腰を掛ける検査着姿の光定がそこにあった。「先生…。」うつむいたまま反応を示さない光定を見て彼女はそっと湯呑を差し出した。。「ささ、熱いお茶でもお召し上がってください。体が温まりますよ。」「うん…。」茶をすする音静寂の中、ただ光定の茶を啜る音だけがこの空間に響く。二人の間に無言の時間がどれだけ流れただろうか。このいつまで続くかわからない沈黙を破ったのは光定だった。「何も聞かないんで..
>> 続きを読む

107 第95話 (Sat, 30 Jan 2021)
3-95.mp3「あぁ。ご報告ありがとうございました。え?それはもう…ええ。東京のとある財団の専務理事に空席が出るらしくてですね。話しはすでについていますからご心配なく。え?あぁ…勿論、東一出身者の特別ポストですよ。理事長さんはただの飾りですから、井戸村さん。そこならあなたの予てからの希望の通り、石川なんて田舎じゃなく、東京でやりたいようにやれますよ。」石大病院の外、バスのりばのベンチに腰を掛けて電話をする相馬の姿があった。「私ですか?私はこのとおりしがない人材コンサルタント..
>> 続きを読む

106 第94話 (Sat, 23 Jan 2021)
3-94.mp3「死んだ!?小早川が?」「おいや。自殺。あんたがさっきまでおった研究室から飛び降りた。」「なんで?」「わからん。」「本当ですか…。」「本当。いよいよヤバい感じや。三波あんた、今どこや。」「まさにいま新幹線降りたところです。金沢駅です。」「よしわかった。んならそのまま駅におってくれ。迎え寄越す。」「迎えですか?」「あぁこの手際の良さ、マジもんの仕業や。このままやとあんたの身に危険が及ぶのは時間の問題。」三波はとっさに壁を背にした。そしてあたりを見回す。制服姿の学..
>> 続きを読む

105.2 第93話【後編】 (Sat, 26 Dec 2020)
3-93-2.mp3「それが朝戸を鍋島にするってやつだったってか。」「そう。」「でも、すでにその実験は失敗に終わっている。その失敗続きのそれを、なんで朝戸にもって思ったんだ。」「可能性をみたんだ。」「可能性を見た?」「うん。鍋島能力の発動の条件には膨大な負のエレルギーの蓄積ってのがあるんだけど、そのときの朝戸の感情の爆発は凄まじくってね。いままでに経験したことがないほどのものだったんだ。鍋島自身が抱えていた負のエレルギーも凄いけど、これも相当なもんだ。だから今度はうまくいくか..
>> 続きを読む

105.1 第93話【前編】 (Sat, 26 Dec 2020)
3-93-1.mp35年前…「はい。」「光定先生ですか。外来に先生を訪ねてきた方がいらっしゃってまして。」「だ…れ?」「あの…朝戸さんとかおっしゃっています。」「朝戸?」「はい。どうします。」「あ…じゃあ…僕の部屋まで案内してあげて…。」「え、いいんですか。」「う…ん…。」「でも第2小早川研究所の立ち入りは小早川先生から厳重に管理せよと言われているんですが。」「問題ない。その人は信頼できる人だ。」ドアが開く音「よう。」「どうしたの。」「どうもこうもない。」そう言うと朝戸は1枚..
>> 続きを読む