オーディオドラマ「五の線3」

「五の線」の人間関係性が生み出た事件。

それは鍋島の死によって幕を閉じた。

間もなくして都心で不可解な事件が多発する。

物語は「五の線2」の物語から6年後の日本が舞台。

 

ある日、金沢犀川沿いで爆発事件が発生する。ホームレスが自爆テロを行ったようだとSNSを介して人々に伝わる。しかしそれはデマだった。

事件の数時間前に現場を通りかかったのは椎名賢明(しいな まさあき)。彼のパソコンの中には、そのときSNSで拡散された現場動画のデータが収められていた。

 

なぜ彼がそのようなデータを保持してるのか。

物語の進展によってそれは解明されることとなる。

 

本作はその椎名をはじめ、五の線2に登場した人物と新設された公安特課の人間模様、駆け引きを描いたオーディオドラマ「五の線2」の続編となります。

 

※この作品はフィクションで、実際の人物・団体・事件には一切関係ありません。

 

ここには最近の5回分のエピソードが紹介されています。

【続きを読む】のボタンを押すと、エピソードがアップされているシーサーブログに飛びますのでそちらからご視聴ください。

 

「五の線3」配信ブログ【http://gonosen3.seesaa.net

オーディオドラマ「五の線3」

第44話 (土, 16 11月 2019)
3-44.mp3「って…。ってぇよぅ…。」助手席で頭を抱えて消え入るような声を発するのは朝戸慶太である。「立って歩けるか。」「無理…。」「ふぅ…じゃあちょっと待ってろ。」「待って、置いていかないで…。死んじまう。」「5分だけ我慢しろ。」「待てよ…さっき10分我慢しろって…。」「できるよな。」空閑は車を出て走っていった。自身の鼓動に合わせて頭に激痛が走る。この頭痛には血流が影響しているのは素人でもわかる。しかしなぜそれが頭という部位だけに起こるのか。などとつまらぬ原因究明の思考..
>> 続きを読む

第43話 (Sat, 09 Nov 2019)
3-43.mp3自販機の音缶を開けて飲料を飲む「相馬…?」三波は手にしていたスマートフォンをポケットにしまった。そしてベンチに座って缶コーヒーを飲む男をサングラスの中から見つめた。ー間違いない。京子のやつ浮足立ってると思ったらやっぱり相馬がここに帰ってきてたんだな。相馬は本に目を落としている。ーそれにしてもあいつところで何やってんだ…。見舞いは基本午後からだから、え…まさかなんか病気でも抱えてんのかあいつ。本を読んでいる相馬がこちらに気づく様子はない。ー片倉は相馬が今この病院..
>> 続きを読む

第42話 (Sat, 02 Nov 2019)
3-42.mp3雨が降っていたため、外気は肌寒い。車から降りた彼は後部座席においていたジャンプジャケットを羽織った。「大学病院…。」かけていたサングラスを少し傾けてそこから見える建造物を見た三波は時折物陰に身を隠しながら、男の後を追った。週明け午前中の石川大学病院の外来は混雑していた。彼が付ける男は週明け午前の混雑する外来には目もくれずに、そのまま病棟の方へと向かった。ー病棟って、誰かの見舞いか…。病棟にある3機のエレベータ。そのうちのひとつに男はひとり乗り込んだ。それが5階..
>> 続きを読む

第41話 (Sat, 26 Oct 2019)
3-41.mp3「おい…。おい…。」薄っすらと開いた目にぼんやりと人影が映る。「大丈夫か。いい加減起きてくれ。」ー起きる?何言ってんだ。俺は起きてるよ。ゆっさゆっさと自分の体が揺さぶられているのに気がついた。「おい。しっかりしてくれ。なぁ。」ーあーめんどくさいなぁ…こいつ…そっとしてくれよ…。」「おい!」ビンタの音頬がじんわりと熱を持っている。そこに手のひらをあてがった彼はゆっくりと目を開いた。男がこちらを覗き込んでいた。「あ…。」「あ…じゃないだろ…。大丈夫かよお前…。」「..
>> 続きを読む

第40話 (Sat, 19 Oct 2019)
3-40.mp3「着いたぞ。」車を止めてエンジンを切り、助手席の方を見るもそこに座る朝戸は深い眠りに着いたままだった。「ふぅ…。」ため息を付いた空閑はシートベルトを外し、車の外に出た。雨が降っていた。ここはひがし茶屋街や主計町といった金沢の町家建築が立ち並ぶ観光エリア東山。大通りから一本筋を入ったところに、昭和の薫りが立ち上る場所がある。朝戸が泊まる宿はここにあった。携帯操作音「すまない。仕事中に。」「な んだ 。」「ちょっとだけ聞きたいんだけどさ。すっげー寝てるんだけど…。..
>> 続きを読む