オーディオドラマ「五の線3」

「五の線」の人間関係性が生み出た事件。

それは鍋島の死によって幕を閉じた。

間もなくして都心で不可解な事件が多発する。

物語は「五の線2」の物語から6年後の日本が舞台。

 

ある日、金沢犀川沿いで爆発事件が発生する。ホームレスが自爆テロを行ったようだとSNSを介して人々に伝わる。しかしそれはデマだった。

事件の数時間前に現場を通りかかったのは椎名賢明(しいな まさあき)。彼のパソコンの中には、そのときSNSで拡散された現場動画のデータが収められていた。

 

なぜ彼がそのようなデータを保持してるのか。

物語の進展によってそれは解明されることとなる。

 

本作はその椎名をはじめ、五の線2に登場した人物と新設された公安特課の人間模様、駆け引きを描いたオーディオドラマ「五の線2」の続編となります。

 

※この作品はフィクションで、実際の人物・団体・事件には一切関係ありません。

 

ここには最近の5回分のエピソードが紹介されています。

【続きを読む】のボタンを押すと、エピソードがアップされているシーサーブログに飛びますのでそちらからご視聴ください。

 

「五の線3」配信ブログ【http://gonosen3.seesaa.net

オーディオドラマ「五の線3」

第57話 (土, 22 2月 2020)
3-57.mp3「あ、俺だよ。トシさん。」「理事官ですか…。どうしたんですかこの番号。」「いろいろ人間不信でね。これからは今までとは別の番号からそっちにかけることにする。」「え…となると、こっちはいちいち見慣れん番号に警戒して電話に出んといかんことになるじゃないですか…。」「そうだね。」「わかりました別の機種を用意しましょう。」「あ、頼める?」「はい。」「助かるよ。」「…で、どうでした?」「課長、知らなかったよ。池袋も新宿も。」「え?」「外からの情報は遮断されてるみたい。監視..
>> 続きを読む

第56話 (Sat, 15 Feb 2020)
3-56.mp3東京駅の新幹線のりば。その改札近くの柱に寄りかかって、ひとり佇む男がいた。多くの人が行き交う場所で一箇所にじっと立つのは、何かの目的があってのこと。大事な人の到着を待つであるとか、出発までの時間が妙にあるため、とりあえず足を止めて時間を調整しているかのどちらかの理由が考えられる状況だが、彼はどちらでもなかった。彼は敢えてこの人混みの中にその身を置いていた。「はい。」「俺だ。」「あっ情報官。」雑踏の音が電話越しに聞こえる「肩書はやめろ。他に聞こえる。」「はい。す..
>> 続きを読む

第55話 (Sat, 08 Feb 2020)
3-55.mp3「たった今入ったニュースです。」テレビの人物がこう言うと、画面下に「大学キャンパスで立てこもり事件」の文字が表示された。「今日、正午ごろ東京目黒区の大学キャンパスで男が人質をとって立てこもる事件が発生しました。現在警察は犯人の説得を試みていますが負傷者がでているようです。今日正午ごろ、東京目黒区にある大学キャンパスで、突然男が騒ぎ出し、刃物をもって暴れだしました。大学関係者がその場に駆けつけ、男を取り押さえようとしたところ、男はそれを振り切り、女性を人質にとっ..
>> 続きを読む

第54話 (Sat, 25 Jan 2020)
3-54.mp3「なんで…嘘でしょ…。」物陰に身を潜めた木下は体の震えが止まらなかった。ー千草ってあの子、学生でしょ…。光定先生、あの子に何やってんの…。ー曽我を消せって…。曽我ってあの曽我先生?ービショップってなに?天宮先生が死んだ?証拠隠滅?ーってか光定先生、様子が変だよ。普通に喋れるじゃん…。「あれ?」「ひいぃぃぃ!」木下は手にしていた封筒が入っている段ボール箱を落としてしまった。「はぁはぁはぁ…。」「き…木下くん?」「み…光定先生…。」「ど…うしたの?様子…変だよ…。..
>> 続きを読む

第53話 (Sat, 18 Jan 2020)
3-53.mp3昼食を終え、裏口から病院内に入ろうとしたとき、寝袋のようなものに包まれたものがストレッチャーに乗せられて運ばれている事に気がついた。ー検死…。「痛っ…。」結構な勢いで肩がぶつかったため、光定はよろけた。「あ!すいません。」彼は咄嗟によろめく光定の体を受け止めた。「おっとっと…すいません。ちょっと急いでて…。」「い…え…。」お互いが胸につけているネームプレートを見る。光定に体当たりをしてきたのは法医学の助教だった。「あ、光定先生ですか。」「あ…はい…。」彼は改め..
>> 続きを読む