オーディオドラマ「五の線3」

「五の線」の人間関係性が生み出た事件。

それは鍋島の死によって幕を閉じた。

間もなくして都心で不可解な事件が多発する。

物語は「五の線2」の物語から6年後の日本が舞台。

 

ある日、金沢犀川沿いで爆発事件が発生する。ホームレスが自爆テロを行ったようだとSNSを介して人々に伝わる。しかしそれはデマだった。

事件の数時間前に現場を通りかかったのは椎名賢明(しいな まさあき)。彼のパソコンの中には、そのときSNSで拡散された現場動画のデータが収められていた。

 

なぜ彼がそのようなデータを保持してるのか。

物語の進展によってそれは解明されることとなる。

 

本作はその椎名をはじめ、五の線2に登場した人物と新設された公安特課の人間模様、駆け引きを描いたオーディオドラマ「五の線2」の続編となります。

 

※この作品はフィクションで、実際の人物・団体・事件には一切関係ありません。

 

ここには最近の5回分のエピソードが紹介されています。

【続きを読む】のボタンを押すと、エピソードがアップされているシーサーブログに飛びますのでそちらからご視聴ください。

 

「五の線3」配信ブログ【http://gonosen3.seesaa.net

オーディオドラマ「五の線3」

第18話 後半 (土, 18 5月 2019)
3-18-2.mp3テレビをつけると東京で起こったテロ事件に関する報道番組が流れている。リモコンで他のチャンネルを選択するもどこの局も特別編成の番組を放送していた。いま世の中はこの話題で持ちきりだ。椎名はテレビをつけたままキッチン壁に背を向けて椅子に腰を掛け、携帯を触りだした。ー誰か入った…。彼の顔は携帯の液晶画面に向いているが、視線は部屋の真ん中の床にあった。ー部屋の真ん中に落とした3本の髪の毛。うち1本がどこかに消えている…。椎名は背伸びをした。「ん〜…。」再び彼はテレビ..
>> 続きを読む

第18話 前半 (Sat, 18 May 2019)
「大丈夫です。心配ありません。この調子なら雄大くんは石大ぐらいの国立は楽勝ですよ。」「そうですか…先生がそう言われるなら...安心しました。」「お父様は心配症ですね。」「…よく言われます。」「'`,、('∀`) '`,、 」ここ空閑教室では我が子の入試対策の進捗ぶりを確認するために、保護者が講師である空閑と面談する機会が定期的に設けられている。今日も夜の9時という遅い時間にもかかわらず、保護者面談が行われていた。「ところで雄大くんはお家ではどんな感じなんですか?」「家では自分..
>> 続きを読む

第17話 (Sat, 11 May 2019)
3-17.mp3ドアを閉める音。洗面所に走ってそこで手を洗い、うがいを激しく行う。「はぁはぁ…はぁ…」息を切らす。しばらくしてそれは収まりつつあった。ーあれ?なんで俺、ここで手ぇ洗ってんだ…。携帯電話を取り出してそれを見る。時刻は16時半だ。「…えっと…俺、何やってたんだっけ…。」携帯のメッセージ履歴を確認するも今日の昼から今に至るまで、自分以外の誰とも連絡をとった形跡がない。そこで彼は通話履歴を見た。どうやら今日の朝に電話をしたようだ。「キング…。」そう言うと彼は頭を抱えた..
>> 続きを読む

第16話 (Sat, 04 May 2019)
3-16-1.mp3「おい。あの空飛び回っとるハエどうにかせいま。」「はい。」片倉は化学防護隊の出動と同時に自らも現場にいた。「片倉班長。」背広姿の男が片倉に声をかけた。「これは百目鬼(どうめき)理事官。わざわざ現場までご足労おつかれさまです。」「どういうこと?これ。」「見てのとおりです。」「見ての通りって…他人事みたいに言うね。」「申し訳ございません。そんなつもりはなかったんですが。」ヘリコプターの音「理事官。あの上でうるさいあいつ、なんとかできませんかね。」「いまやってる..
>> 続きを読む

お便り 2019/5/3 (Fri, 03 May 2019)
おたより3-1.mp3五の線3最初のお便り紹介ですフィリップさん/昼さん
>> 続きを読む