オーディオドラマ「五の線3」

「五の線」の人間関係性が生み出た事件。

それは鍋島の死によって幕を閉じた。

間もなくして都心で不可解な事件が多発する。

物語は「五の線2」の物語から6年後の日本が舞台。

 

ある日、金沢犀川沿いで爆発事件が発生する。ホームレスが自爆テロを行ったようだとSNSを介して人々に伝わる。しかしそれはデマだった。

事件の数時間前に現場を通りかかったのは椎名賢明(しいな まさあき)。彼のパソコンの中には、そのときSNSで拡散された現場動画のデータが収められていた。

 

なぜ彼がそのようなデータを保持してるのか。

物語の進展によってそれは解明されることとなる。

 

本作はその椎名をはじめ、五の線2に登場した人物と新設された公安特課の人間模様、駆け引きを描いたオーディオドラマ「五の線2」の続編となります。

 

※この作品はフィクションで、実際の人物・団体・事件には一切関係ありません。

 

ここには最近の5回分のエピソードが紹介されています。

【続きを読む】のボタンを押すと、エピソードがアップされているシーサーブログに飛びますのでそちらからご視聴ください。

 

「五の線3」配信ブログ【http://gonosen3.seesaa.net

オーディオドラマ「五の線3」

118.2 第106話【後編】 (土, 29 5月 2021)
3-106-2.mp3二人は声を出して笑った。携帯バイブの音「うん?」椅子の背もたれにかけたスーツの上着から携帯を取り出した井戸村はその表示を見ると不愉快な表情になった。「部長?」「ちょっと席を外す。すぐに戻るから。」井戸村は店の外に出た。「なんだ。こんな時間に。」「病院部長。至急ご報告があります。」「なに…坊山まさかお前、東一のお客さんに無礼でも…。」「それどころじゃありません。」かぶせてくる坊山の物言いに、井戸村はただごとではないことを察した。「なにがあった。」「光定先生..
>> 続きを読む

118.1 第106話【前編】 (Sat, 29 May 2021)
3-106-1.mp3Wi-Fiスポットである一階ロビーにいるはずの相馬。その彼の姿が見えない。このまま応接に戻っても光定しかいないとなると、これまた自分が叱られる。一応、探すだけ探したというアリバイは作らねばなるまいと坊山は周辺を探った。といってもここには暗くなった2件の喫茶店。郵便局、受付、外来の一部など限られたものしかない。お客人の姿はどこにも見当たらなかった。バイブ音(短い)「うん?」坊山は足を止めた。妙な音が聞こえた気がする。ここは外来の廊下。その長い廊下先は暗闇が..
>> 続きを読む

117 第105話 (Sat, 22 May 2021)
3-105.mp3ノックする音「失礼いたします。」ドア開く「あれ?」坊山が立ち止まったため、光定は彼の背中にぶつかった。「あの…坊山さん?」「あーそうやった…。」「はい?」「Wi-Fiスポットどこやって言っとったんでした。お客さん。」「Wi-Fi?」「ひょっとしたら一階のロビーに居るんかも。」「はぁ…。」「ちょっと呼んできます。先生はこちらでお待ち下さい。ついでにお茶も用意しますんで。」ただひたすらに呆れた顔を見せる光定には目もくれず、坊山はその場から姿を消した。「ダラなこと..
>> 続きを読む

116 第104話 (Sat, 15 May 2021)
3-104 .mp3金沢郊外のとあるテナントビル。その中のひとつの扉には一枚の紙が貼られていた。「体調不良のためしばらくの間休講とさせていただきます。」この貼り紙をみた塾生たちは皆、それをスマホで撮りどこかに送っている。その場で親に電話で連絡を取るものもいるし、これ幸いと友達と遊びに行く連中もいる。その行動は人それぞれだ。事前に案内が出ていなかったのだろう。皆、驚きを隠せない様子だった。「千種の死を受けて急の休み。(゚ν゚)クセェな。」踵を返した古田は外に出た。ここ数日振りっ..
>> 続きを読む

115 第103話 (Sat, 08 May 2021)
3-103.mp3「どうしたんですかヤスさん。」「三波の居場所がわかったぞ黒田。」「え!?どこですか。」「家だよ。」「家?」「自宅で引きこもってる。」「は?」「なぁあいつの住所ってどこだよ。俺行くから。」突然の電話と三波の情報、黒田は状況を飲み込めないでいた。彼の前に座る加賀はそのまま続けろと合図をする。「住所って言われても俺もあいつの家なんて知りません。調べて俺が行きます。」「いや俺が行く。」「何言ってんですか三波は俺の部下です。俺が行きます。ヤスさんは会社に戻ってください..
>> 続きを読む