オーディオドラマ「五の線2」

熨子山連続殺人事件から3年。金沢港で団体職員の遺体が発見される。

どう見ても他殺の疑いがあるこの遺体を警察は自殺と判断した。

北陸新聞テレビにアルバイトで勤務する相馬は、その現場に報道カメラのアシスタントとして偶然居合わせた。しかしその偶然が彼を事件に巻き込んでいく。石川を舞台にした実験的オーディオドラマ「五の線」の続編です。

 

※この作品はフィクションで、実際の人物・団体・事件には一切関係ありません。

※音楽は著作権フリーの無料音楽素材ダウンロードサイト「ミュージックノート」から使用したものと、AppleのGarageBandにはじめから入っていたもの、オリジナルのものを使用しています。

 

毎週1話ずつ地味に更新してまいります。こちらには音声ファイルとテキストデータが置いてありますので、お好みの方をご利用ください。

 

ここには最近の5回分のエピソードが紹介されています。

【続きを読む】のボタンを押すと、エピソードがアップされているシーサーブログに飛びますのでそちらからご視聴ください。

「五の線2」配信ブログ【http://gonosen2.seesaa.net/

 

またiTunesのポッドキャストでも配信しています。iPhoneの方はそちらで登録されると便利です。登録するにはバナーからどうぞ。

オーディオドラマ「五の線2」

128.2 最終話 後半 (日, 01 1月 2017)
126.2.mp3「12月24日お昼のニュースです。政府は24日午前、2015年度第3次補正予算案を閣議決定しました。今回の補正予算は今年10月に国家安全保障会議において取りまとめられた「日本国の拉致被害者奪還および関連する防衛措置拡充に向けて緊急に実施すべき対策」に基づいた措置を講じるためものです。この予算案では先ごろ国内で発生したツヴァイスタンの工作員によるテロ未遂事件を受けてのテロ対策予算の拡充として500億円。ツヴァイスタンに拉致された疑いがある特定失踪者の調査費とし..
>> 続きを読む

128.1 最終話 前半 (Sun, 01 Jan 2017)
126.1.mp3コミュの会場となった会館前には複数台のパトカーが赤色灯を灯して駐車していた。会館には規制線が敷かれ関係者以外の立ち入りは厳禁となっている。週末金沢駅の近くということもあって、このあたりで仕事帰りに一杯といった者たちが野次馬となって詰め寄せていた。規制線の中にある公園ベンチには、背中を赤い血のようなもので染め、遠くを見つめる下間麗が座っていた。「ついては岡田くん。君にはこの村井の検挙をお願いしたい。」「罪状は。」「現行犯であればなんでもいい。」つばを飲み込んで..
>> 続きを読む

127.2 第百二十四話 後半 (Sat, 31 Dec 2016)
125.2.mp37時間前 12:00「1512室ですか?」「はい。」「失礼ですがお名前をお願いします。」「岡田と言います。」「岡田様ですね。失礼ですがお名前もいただけますか。」「圭司です。」「岡田圭司様ですね。しばらくお待ちください。」ホテルゴールドリーフのフロントの女性は受話器を取って電話をかけはじめた。「フロントです。ロビーにお客様がお見えになっています。はい。ええ男性です。岡田さんとおっしゃるそうです。ええ。はい。かしこまりました。それではお部屋までご案内致します。」..
>> 続きを読む

127.1 第百二十四話 前半 (Sat, 31 Dec 2016)
125.1.mp3金沢駅近くの会館。この一階の大ホールに大勢の人間が集まっていた。コミュの定例会である。参加者は先日のものより数段多い。これも岩崎香織が電波に乗った効果なのだろうか。「みなさん。こんばんわ!」司会者が参加者に向かって大きな声で挨拶をするとそれに参加者は同じく挨拶で応えた。「いやー今日は随分と参加者が多いですね。特に男性の方がいつもより多い気がします。」彼がそう言うと参加者はお互いの顔を見合った。「やっぱりなんだかんだと言ってテレビの影響力ってすごいんですね。試..
>> 続きを読む

126.2 第百二十三話 後半 (Fri, 30 Dec 2016)
124.2.mp3「若林くん。朝倉部長に聴かせてあげろ。」「はい。」携帯電話を取り出した若林もまた、応接机の上にそれを置いた。「工夫しろ若林。」「あまり事を荒立てるなといっただろう。」「ですが、あまりに突然のことでしたので。」「その後の工夫が足りんと言ってるんだ。」「はっ。もうわけございません。」「しかしお前は籠絡だけは上手い。」「ありがとうございます。」「だが程々にしておけよ。あまり深入りすると足がつく。」「何せ公安の奥方ですからね。」43音声を聞いた片倉の表情が変わった。..
>> 続きを読む