オーディオドラマ「五の線」

ある殺人事件が身近なところで起こったことを、佐竹はテレビのニュースで知る。

容疑者は高校時代の友人だった。事件は解決の糸口を見出さない状況が続き、ついには佐竹自身も巻き込まれる。石川を舞台にした実験的オーディオドラマです。

 

  ※この作品はフィクションで、実際の人物・団体・事件には一切関係ありません。

 

 コメント等いただければ励みとなりますので、宜しければお願いします。

 

ここには最近の5回分のエピソードが紹介されています。

【続きを読む】のボタンを押すと、エピソードがアップされているシーサーブログに飛びますのでそちらからご視聴ください。

「五の線」配信ブログ【http://gonosenn.seesaa.net/

 

またiTunesのポッドキャストでも配信しています。iPhoneの方はそちらで登録されると便利です。登録するにはバナーからどうぞ。

オーディオドラマ「五の線」

61,12月21日 月曜日 13時10分 熨子山連続殺人事件捜査本部 (木, 02 4月 2020)
61.mp3松永は自席に座って右脚を小刻みに動かしていた。「連れてきました。」一見するとヤクザかと思われる迫力の風貌をもった男が松永の前に立たされた。「組織犯罪対策課の十河と申します。」「そこに掛けろ。」松永の向かい側の座席に座った十河は、そこに広げられている穴山と井上に関する資料に目を通し始めた。「どうだ。なにか分かるか。」十河は資料にさっと目を通して松永の問いかけに即座に答えた。「ポンプ(注射器)が確認されますね。突きですからシャブ(覚醒剤)です。シャブとなるとこの辺りで..
>> 続きを読む

60,12月21日 月曜日 13時22分 フラワーショップアサフス (Thu, 26 Mar 2020)
60.mp3店の奥にある畳敷きの文子の部屋で古田と片倉は彼女と向かい合っていた。「当時のことは剛志さんからお聞きしました。」「そうですか。」「単刀直入にお聞きします。文子さん。あなたは500万の口止め料を貰いましたね。それは誰からのものですか。」「剛志から聞いたでしょう。コンドウサトミという人です。」「いえ、私がお聞きしたいのはあなたが口止め料を振り込むようにと依頼した人です。コンドウサトミさんではありません。」文子は古田の言葉に黙ってしまった。「忠志さんは口止め料の受け取り..
>> 続きを読む

59,12月21日 月曜日 13時15分 金沢銀行本店 役員会議室 (Thu, 19 Mar 2020)
59.mp3金沢の南町に居を構える金沢銀行。大正期に当時の著名な建築家の手によって建てられた石造りの重厚な外観は権威的でもあり、その中も当時の面影を色濃く残した作りとなっている。10メートルほどの高さを持った一階営業店フロアは圧巻であり、中でもその背後の中央から左右に別れるように広がる階段は翼を広げた鷹を彷彿させ、来店する皆を圧倒する迫力を持っていた。金と権力が集まる石川県の第一地銀金沢銀行の中枢には、この階段を登って行かねばならない。赤絨毯が敷かれた階段の先には役員と関係者..
>> 続きを読む

58,12月21日 月曜日 12時45分 河北潟周辺 (Thu, 12 Mar 2020)
58.mp3「何だって?お前はその刑事にそんなこと言ったのか。」「ああ。」「まったく何てことしてくれたんだ。」「なんだよ。聞かれたことをその通り話して何が悪いんだ。」「あのなぁ。俺はお前とは連絡とって無いって言ってしまったんだぞ。あぁ辻褄が合わなくなってるじくるじゃないか。」「はぁ?なんでそんな嘘をつく必要があるんだよ。」「いや…。」確かに佐竹のいう通りだ。村上は佐竹に余計な面倒をかけたくないとの気持ちから片倉に嘘の答弁をした。警察から事情を聴取されたという佐竹からの連絡もな..
>> 続きを読む

57,12月21日 月曜日 12時24分 金沢銀行金沢駅前支店 (Thu, 05 Mar 2020)
57.mp3人気が少なくなったロビーの雑誌類を整理していた佐竹は、店内に設置されたデジタルサイネージに目をやって今の時刻を確認した。そろそろ休憩をとっても良い時間だ。一足先に休憩に入っている橘はもうしばらくすればここに戻ってくる。彼の帰りを確認して自分も休憩をとろう。そう思いながら佐竹はひと通り店内を見回した。彼が店内奥の職員通用口に目をやった時に、その扉は開かれた。「支店長。」山県は羽織っていたコートを脱いで、そばにあるコートハンガーにそれを掛けた。支店長の決裁を求める稟議..
>> 続きを読む