オーディオドラマ「五の線」

ある殺人事件が身近なところで起こったことを、佐竹はテレビのニュースで知る。

容疑者は高校時代の友人だった。事件は解決の糸口を見出さない状況が続き、ついには佐竹自身も巻き込まれる。石川を舞台にした実験的オーディオドラマです。

 

  ※この作品はフィクションで、実際の人物・団体・事件には一切関係ありません。

 

 コメント等いただければ励みとなりますので、宜しければお願いします。

 

ここには最近の5回分のエピソードが紹介されています。

【続きを読む】のボタンを押すと、エピソードがアップされているシーサーブログに飛びますのでそちらからご視聴ください。

「五の線」配信ブログ【http://gonosenn.seesaa.net/

 

またiTunesのポッドキャストでも配信しています。iPhoneの方はそちらで登録されると便利です。登録するにはバナーからどうぞ。

オーディオドラマ「五の線」

41,12月20日 日曜日 21時12分 中華料理 談我 (木, 14 11月 2019)
41.mp3金沢のオフィス街南町。その裏通りから一本横に逸れた場所に談我はあった。このあたりは金沢の金融機関が軒を並べており、談我はこれらの業界関係者の御用達となっていた。創業20年。外観は古ぼけたよくある近所の中華料理屋の体であるが、その客足は途絶えたことはない。日中はこの南町を本拠とし、金融機関たちは鎬を削る競争を繰り広げている。しかしそれは食を楽しみ、酒を飲む場である談我においては関係がなくなる。背広という戦闘服を纏った男達が日中の気忙しさから解放され、身も心も開放的に..
>> 続きを読む

40,12月20日 日曜日 19時32分 古田宅 (Thu, 07 Nov 2019)
40.mp3古田と片倉は今後の捜査について綿密に打ち合わせをしていた。一色の高校時代の交友関係を当たるためには、彼らの情報を仕入れねばならない。県警に戻ってそれらを一旦整理したいが、自分たちがこそこそと水面下で動いていることが松永たちに露見すると、厄介なことになる。今日は自分たちの頭の中を整理することとし、明日の日勤時にさりげなくそれらの情報を取得することにした。「しっかし、なんでまたこんな事件が起こるんや。」片倉はごろりと畳の上に転がった。「ほやからあいつは好かんかったんや..
>> 続きを読む

39,12月20日 日曜日 19時48分 佐竹宅 (Thu, 31 Oct 2019)
39.mp3帰宅した佐竹の心中は穏やかではなかった。ーなんで赤松の母さんは、俺に一色のことなんて聞いたんだ。俺は一色とは何の関係もない。赤の他人だ。俺は何も知らない。何も関係がない。あいつが悪いんだ。あいつが全部悪い。 佐竹は冷蔵庫を開け、そこに入っていた缶ビールを一気に飲んだ。ーまさか…俺…疑われているのか…。ふと動きを止めて部屋に飾ってある高校時代の写真に目をやった。写真の先にある赤松の表情は笑顔だ。ーいや、そんなはずはない。再度、佐竹はビールに口をつけた。赤松文子から唐..
>> 続きを読む

38,12月20日 日曜日 18時32分 古田宅 (Thu, 24 Oct 2019)
38.mp3「鍋島惇。」「まさか。なんでここであいつが出てくるんや。」「ふっ、なんでって、しゃあねぇやろ。高校時代の同級生やからな。しかも奴さんは高校時代の戦友と来たもんや。繋がってしまったからにはどうしようもない。」「でも、この鍋島は熨子山のヤマと関係あるんか。」「さぁ、それは分からん。そいつはこれからの捜査次第で関係性が出てくるかもしれんし、まったく関係がないかもしれん。とにかく、一色の周辺を洗っとったらこんなもんが出てきましたってことや。」「トシさん…あんた情報集めてく..
>> 続きを読む

37,12月20日 日曜日 18時10分 古田宅 (Thu, 17 Oct 2019)
37.mp3「部長と穴山と井上の接点というのは、こんなところや。」「ふーん。…やるかやらないか…それが問題ってか…。」「ああ。」「んで、殺っちまったってか…。」片倉は手にしていたノートを一旦畳んで、天を仰いだ。「よしトシさん。要点を整理しよう。」「ん?」「一色は穴山と井上に何かしらの制裁を加えたかった。」「うん。」「そしてその制裁にはスピードが必要やった。」「そうや。」「仮に今回の事件がその制裁やったとせんけ。憎き豆泥棒(性犯罪者)は死んでめでたしめでたし。ほやけどスピードっ..
>> 続きを読む